未分類日記以前の天童の家RSS|

鶴岡公園



日和山公園を後にし、鶴岡へ向かう。
鶴岡公園のさくらも見頃!だった。

70418-10.jpg

70418-20.jpg

70418-30.jpg

70418-40.jpg

70418-50.jpg

70418-60.jpg

70418-70.jpg


  1. 2017/04/19(水) 07:32:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

日和山公園

山形県でいちばんはじめに桜が開花するのは、酒田市の日和山公園である。
一日も早くさくらが見たいと今年の観桜の旅は、酒田・鶴岡に決めて出かける。

今日は、まず日和山公園までへの景色を並べよう。
月山道を越えるわけなので、はじめは月山の春から

70418-a.jpg

70417-10.jpg

70417-20.jpg

70417-30.jpg

        70417-40.jpg

雪融け水が、いたるところに小さな滝、豪快な瀑布をつくってる。
運転を妻に任せ、助手席でカメラを構えながら楽しむ。

        70417-50.jpg

月山道を走り抜ければ、間もなく庄内平野。鳥海山の姿に期待が膨らむ。
前方やや右寄りに、鳥海山の姿!
肉眼では、たしかに麗姿が見えるのだが、あいにくの春霞。カメラ写りがよくない。

70417-60.jpg

70417-70.jpg

目指す日和山公園のさくらは、ちょうどいい見頃!
おおぜいの花見客たちで賑わってる。

70417-80.jpg

江戸時代に活躍した北前船。庄内平野でとれたお米を、酒田港から西廻りで江戸へ運んだ千石船。
150トンの米俵を、10人の水夫で運んだという。

70417-90.jpg

       ↑ 日本最古の木造灯台

日和山公園の南東足下には、酒田港や最上川が海に注ぐ雄大な風景が見渡せる。

70417-b.jpg



  1. 2017/04/19(水) 06:18:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

観桜の旅 2



16日の「観桜の旅」は、過去のそれをひもといたものだった。
今日のは、現在進行形というか、今は旅先にいる。(このブログは予約投稿)

昨日(17日)、妻の運転する車で「天童の家」を発ち、月山を右手に見て長いトンネルをいくつも越え、酒田に向かった。
新車での月山越えは、はじめてである。妻はオートマにも馴れて、快調に走る。

2013年(平泉)、2014年(角館)、2015年(白石)、2016年(会津)の花を楽しんだ。
順当に行けば、2017年(弘前)となるのだろうが...... もう遠くへ行く気力がない。(苦笑)
という訳で、日和山公園(酒田)に向かった。

酒田市が、山形県ではいちばんはじめにさくらが見頃になる。海が近いし、あわよくば残雪の鳥海山をバックに爛漫のさくらが見られれば御の字である。
はたして、いつ見頃になるか? 過去の観桜の旅は、すべて丁度良かった。宿の予約に的を絞る。

4月11日の新聞では、「酒田市は9日、日和山公園の基準木のソメイヨシノが開花したと宣言した。市によると例年より5日早く、昨年に比べ3日遅い。今週末に見ごろを迎えそうだ。」との記事が読める。

日和山公園には約200本の桜があり、23日まで桜まつりで、ライトアップされるという。

また、隣の鶴岡市は11日、市内でソメイヨシノが開花したと発表してる。鶴岡公園の開花は、昨年より5日遅いという。
致道博物館周辺にソメイヨシノを中心に725本の桜が爛漫と咲くという。見頃は18日となるようだ。

今年の天気は、極端で変りやすい。宿をいつにするかに迷う。
距離的には、酒田・鶴岡は日帰りできる。
だが、海を眺め、ゆっくりと湯につかり、旨いものを食べたいのである。

というわけで、泊りは由良温泉に決めた。肝心の日にちは、17日(月)泊としたのだった。

それが正解だったかどうかは、明日のブログで書くことにする。(笑)

↓ 画像は、2015年4月19日撮影 於・山形霞城公園

50419-u.jpg

50419-v.jpg

50419-w.jpg


  1. 2017/04/18(火) 05:14:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

カタクリ 4

 

散歩を中心に、そこで出合った風物を写真に撮り、ブログに並べてきた。
季節の花や風景、「天童の家」で暮らしながら、その時々に感じたことなどを並べてきた。

なるべくマンネリ化を避けたいと工夫してきたが、いかんせん繰り返しや焼き直しが多くなる。
特に、毎年そうなるのだが、カタクリの花とさくらんぼの画像は幾度も登場する。

カタクリの花は、その咲きようが気温や日照によって印象が変わる。その変化が面白い。
色も姿も大好きである。イメージ通りに撮ろうとするが、なかなか難しい。
花を見ると、(今度こそは)とカメラを向ける。

さくらんぼ。カタクリとはちょっとちがうが、魅力的な被写体である。
さくらんぼの季節になれば、忙しく散歩どころでなくなる。そいうこともあってカメラは自然にさくらんぼに向く。

カタクリ、さくらんぼ、共に大好き。すばらしい被写体。
そういうわけで、またカタクリを並べる。っふふ この”一途な慕情”を笑って許されよ(笑)


70414-10.jpg

70414-20.jpg

        70414-30.jpg

        70414-40.jpg

70414-50.jpg

70414-60.jpg

        70414-70.jpg

70414-80.jpg

70414-90.jpg



  1. 2017/04/17(月) 05:08:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

庭 の 花



今年の梅の開花が遅かった。一時は、もう今年は咲かないのかとさえ思った。
そんなことになったら、まさに(事件だなぁ)と思ったりした。

っふふ だが、事件にはならなかった。梅は、ようやく咲いた。
事件ではないけれど、これは記録ものだなぁとカメラを向ける。

ついでに、今 庭に咲いてる花も撮った。

     70416-10.jpg

     70416-20.jpg

70416-30.jpg

70416-40.jpg

     70416-50.jpg




  1. 2017/04/16(日) 11:30:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2