FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

マ ム シ



「ながいもの」とタイピングすると、「長芋の」と転換されることが多い。
長芋は大好きだが、長いものはだいきらいだ .

長いもの、いわゆるクチナワ(蛇)がきらいなのである。
おかしなもので、嫌いな人ほど長いものを見つけてしまう。

姉は、蛇を怖がらなかったが、ミミズが苦手だった。
だから、草取りはいちばん嫌な仕事だった。

ミミズはちっとも怖さを感じないが、蛇はシマヘビ、アオダイショウ、マムシなどの種類にかかわらず
ながいものはどれも大嫌いで、2m以内に近づくことができない。

シマヘビなどを比較的怖さを覚えないで見ていられるが、
マムシとなれば、チラリと姿を見ただけで逃げ足になってしまう。

その怖い、嫌なマムシに出会ってしまった。
マムシは、そこにいる人間に気づかないのか、ゆったりと川が流れてる方に移動している。
へへ、飛びかかってくるようすもないので、距離を保ちながらカメラを向ける。

190718-s1.jpg

190718-s2.jpg

190718-s3.jpg



スポンサーサイト



  1. 2019/07/20(土) 05:10:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

貫録

やはり、毒蛇というのは
それなりの貫録があるものですね。
怖いなぁ〜

毒が無い、とわかっている蛇は怖くないです。
でも、それがわからないから、
山や野で出会うと、怖い。

  1. 2019/07/20(土) 14:17:44 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

マムシ

驢 人 さん


  日本の陸地に生息する蛇の種類は36種。
  その中で、俗に本土とよばれる「北海道・本州・四国・九州」の四島に生息する蛇は8種類のみです。

  日本本土(北海道・本州・四国・九州)に生息する蛇:
  アオダイショウ・シマヘビ・ジムグリ・ヤマカガシ・ヒバカリ・シロマダラ・マムシ・タカチホヘビ

  したがって、この8種類の蛇の特徴さえしっかり掴んでおけば、突然ヘビに出会っても慌てなくてすむ。

以上は、 http://outdoor.ymnext.com/inform-01.html


見たことがあるのは、アオダイショウ・シマヘビ・ヤマカガシ・マムシと、名前不明ですが真っ黒いヘビ。
マムシとヤマカガシはやっぱりイヤな気持ちが先立ちます(苦笑)

  1. 2019/07/20(土) 16:03:24 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

長いの

マムシが!
こちらではシマヘビが多くマムシは滅多に・・怖い!!!
まむしに限らず、やっぱり長いのはいやですねえ・・と思っているのに、散歩道でも見なきゃあいいのについ目に入ってしまう・・・。
”くちなわ”は方言かと思っていたら共通語???
  1. 2019/07/20(土) 17:06:27 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

くちなわ

阿蘇望亭さん

詩歌の世界では、ほとんど蛇とはいわずに「くちなわ」
申し訳ない書き方でした(ごめんなさい)

長芋のは、イヤ ながいものは嫌いですが
長芋は大好きです(笑)
  1. 2019/07/21(日) 07:27:52 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/5864-26ffdb72