FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

農産即売所



10日は、山形市の「初市」だった。懐かしく思い出す。
兄嫁の実家では、臼や杵・まな板・鍋蓋・はしご・かけや(大きな木槌)等の木工品を出店してた。
初市は賑わい、雪舞う中で手伝いする兄の姿が新聞に載ったこともある。

初市は、今も賑わってるが、はしご・鍋蓋などの木工品は姿を消し、臼杵が数少なく並んでるのは寂しい。
兄嫁の実家辺りは、高瀬地区で『臼と杵の里』と銘打ってるけれど、昔の面影はなく、『紅花の郷』に力をいれてるようだ。
時代の変わりようには抗しきれない。寂しいけれどしかたない。

降雪の合間に、青空を見つけ、スーパー農道(広域農道)を彷徨う。
農道というけれど、信号の多い街道に代わるバイパスで、交通量もけっこうある。観光バスも利用してる。
このスーパー農道に、「道の駅」にひけをとらない店舗があり、農産物や地元産品(陶器・木工品など)を並べてる。
また、手打ちそばを主に、餅や団子、紅花ティなどを喫せるレストランもある。

そのような中で、ささやかな農産物即売所にカメラを向けてみた。
「市」原点の姿(笑)

190109-y3.jpg

190109-y4.jpg

190110-92.jpg

190109-y1.jpg

190109-y2.jpg

追 加

昨日の初市のようすが新聞記事になってる。


山形市中心部で10日、江戸時代から続くとされる新春恒例の「初市」が開かれた。
十日町から七日町までの約1.4㌔の通りに200店以上。
団子木や初あめの縁起物から冬野菜、コイの甘煮、陶器にかんじきまでさまざまな品が並んだ。
今年は天候にも恵まれ、新年の買い物を楽しむ多くの人でにぎわった。

山形市切畑地区でまな板などを作る木工職人の鑓水憲一さん(67)の店では、
「これいくら?」
「2千円くらい」
「もう一声」
「じゃあ1千円で!」
というやりとりも。

鑓水さんは「普段は店を構えていないので、お客さんとの会話が楽しい」と笑顔を見せた。
以下略。
 

スポンサーサイト
  1. 2019/01/11(金) 05:10:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

時代の流れ・・

初市、早いですねえ~雪国ではもっと遅いのかと・・・。
昔は”初市”が開かれるのを楽しみにしていたものですよねえ~
これも時代の移り変わり・・自動車時代の今は、各地、道の駅がそれに代わっているようですね!
昔の町並みは寂しくなって・・昭和から平成も終わる時代の移ろい、寂しいですね。
  1. 2019/01/11(金) 19:09:39 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

江戸時代から・・・・

こんばんは。
江戸時代から続く『初市』いいですね。
こうして長く続いているのは本当にほほえましい事です。
私も行きたいな~、くだものも買いたいし、いいまな板を探しているところだから、まな板に反応しました。手作りなのですね。
こんのさんのお宅でもそれを使っているのですか?
値段交渉も楽しそうですね。
  1. 2019/01/11(金) 22:45:18 |
  2. URL |
  3. hanamomo #OnWBW9mw
  4. [ 編集]

自動車時代

阿蘇望亭さん

コメントの通りですね
寂しい感情がわいてきます

次はどのような時代になるのでしょう
AIがすべてを仕切る?
戸惑っています
  1. 2019/01/12(土) 07:47:41 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

伝統行事

hanamomoさん

まな板 我が家では、妻はプラスチック製? 私は木製のを使ってます
やはり木製のがいいですねぇ

話かわりますが

hanamomoさんのサイトには、毎日伺ってますが
こちらの拙さでコメントが受付けてもらえません
今日、息子に直してもらうつもりです
メカ音痴の自分には、AIの世界は苦手です(汗)
  1. 2019/01/12(土) 07:55:39 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

数年前に初市に行ったことがありました。
見ているだけで楽しいですね。
  1. 2019/01/12(土) 09:06:27 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

山形市の初市

aoikesii さん

毎年正月10日にですね

はい 見ているだけでも楽しく、つい買ってしまう(笑)

  1. 2019/01/12(土) 09:44:51 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/5661-0b28745e