FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

鉄 則

黒は撮っても白撮るな

ある方のBBSの中に、次のような書き込みを読んだ。
     写真の鉄則は、「黒は撮っても白撮るな」と言われてますが
そうだ! そうなんだよなぁ と大きな拍手を打った。

色のついていない空、白く抜けている広い空間などがあると写真が途端に面白くなくなってしまうのを感じることが多い
もちろん効果的な白(空間)を使うことで、より一層深みのある画像になる場合もけっこうあるから、白すべてがダメなわけではない。
シャッターをきる時点で、どうしても空や雲、あるいはコントラストの強いものを入れなきゃならない場合がある。
そういうときは、腹を括って撮ってしまい、画像処理の際に色飛びした部分やコントラストの強すぎる所はカット(トリミング)する。

鉄則は鉄則として、逆に白を逆手にとる(撮る)のも面白い。
これから撮ることの多い雪景色は、白を撮らなければ成り立たない。鉄則に逆行するからこそ面白い写真にもなる。
その白いもの(降雪)が、来ないかなぁと待ち遠しいから、へへ 鉄則も面白い。

黒にも白にもただ真っ黒、真っ白というのは滅多にない。
黒と白の間には無限の階調がある。それは色彩についても同じである。
その限りなくある明暗や色調を感じ、うまく纏めると(きれいだなぁ)と思う画像になる。
っふふ 『写真とは光を撮ること』が私の持論である。うう(繰り返し書いたなぁ)

それでも「黒は撮っても白撮るな」は撮影の鉄則にまちがいない。
鉄則というより、自分の場合はすでに感覚として?身に染みこんでしまってる。
だから、そういう画像を観ると、途端にしらけた気分になるのだろう。

黒は黙っていても?さまになるが、白は落ち着きをなくす。
うん、あれだなぁ 『沈黙は金なり』 黒は金、白は太陽。太陽を見つめることはできない。眩し過ぎるのだ。
お喋り過ぎるのは、軽薄にうつる。お喋り過ぎをどうコントロールしてくかが力の出しどころとなる。

81207-a.jpg

81207-c.jpg

81207-d.jpg

今朝の気温1度、晴
スポンサーサイト



  1. 2008/12/08(月) 06:49:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/531-d28803be