未分類日記以前の天童の家RSS|

種の広がり



メイさんのBBSに次のような記事が読める。

メイ 4月 8日(土)

 我が家のヤマネコノメに種ができてます。
 種の入っている皿?に雨が降ってあふれる時種がこぼれて・・・発芽、増えるそうです。
 今日は雨、しっかり見届けます!(^^)!

もう少し詳しく知りたい!と検索してみたら、次のようなのにヒットした。

種子が母体から離れて移動することを種子散布という。
散布には、さまざまな様式があって、その一部は次のようになる。

水滴散布
雨粒などの水滴があたった衝撃で種子が飛ばされる。
裂開した果実が上向きの椀状をしており、中に種子が入っている。
ネコノメソウ属 (ユキノシタ科) やハルリンドウ (リンドウ科) がこれにあたる。

動物散布
動物によって果実や種子が運ばれる。
大きく分けて付着型 (動物に付着して運ばれる) と被食型 (動物に食べられて運ばれる) がある。

風散布
風によって散布体が運ばれる。ふつう果実や種子に翼や毛束をもつ。

以上は、http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/dispersal.html
による。

以下の画像は、8日の散歩中に撮った。

70408-10.jpg

70408-20.jpg

70408-30.jpg

70408-40.jpg



スポンサーサイト
  1. 2017/04/10(月) 05:20:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

種子散布の知恵

へ~ネコノメソウの種子は雨にうたれて~ですか!
自らは動けない植物たちが手段を尽くしてその種子を散布している能力には驚かされることが多いですね!
間もなく見られるハルリンドウは”雨粒などの水滴があたった衝撃で種子が飛ばされる”って、まさに、目から鱗ですよ~!
  1. 2017/04/10(月) 16:05:17 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

手段を尽くし

阿蘇望亭さん

種子散布の知恵 知りませんでした
メイさんの書かれてることがキッカケで検索し、知りました
子孫を残す知恵 まさに神がかり
神の存在を信じたくなります
  1. 2017/04/10(月) 16:33:55 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

鳥はイソシギだと思うのですが
どんなところにいたのでしょう?
天童はまだとても寒いはずなのに!と
ちょっと驚いています。
  1. 2017/04/11(火) 17:22:11 |
  2. URL |
  3. pallet #3Nwp5rdE
  4. [ 編集]

イソシギ

palletさん

9日「清流」2枚めの画像(↓)の右端で見かけました
イソシギとういうのも知らず、(珍しい鳥!)と撮りました

ありがとうございます
  1. 2017/04/12(水) 07:06:37 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4924-31245bc0