未分類日記以前の天童の家RSS|

6年目の3.11



   雪積むもなほ放射性廃棄物        大阪市・今井文雄

   フクシマの山野に別れ鳥雲に       横浜市・穴沢秋彦

   教え子の賀状に二行太き字で「除染の現場でがんばっております」 仙台市・土生博子

   近づけば一分足らずに死亡とうデブリを抱くフクシマの鬱     下野市・若島安子

俳句・短歌は、朝日俳壇・歌壇(27日づけ)より

穴沢さんの俳句に戸惑いを覚える。正直言えば、わからない。カタカナでフクシマとあるから、きっと原発関連句だろうと思ってここに並べたのだが......

どなたか、解説してくださると、助かる。


  繁栄やさくらと原発事故に住む       三郷市・岡崎正宏

  二、三日のつもりが六年過ぎてなほ原発避難はさらに五年と     国立市・半杭螢子

↑ 俳句・短歌は、朝日俳壇・歌壇(6日づけ)より

3.11関連句ではないが
畏友 時田さんが今週も入選しておられる。

  通夜の列知る人多く冴え返る        熊谷市・時田幻椏


スポンサーサイト
  1. 2017/03/06(月) 16:19:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

御礼申し上げます。

何時も変わらぬ御配慮、只々感謝、恐縮をしております。
今回、極めて素直に詠んだ句を大串先生に御取り頂き、嬉しく思っております。

ありがとうございました。
  1. 2017/03/07(火) 14:38:49 |
  2. URL |
  3. 幻椏 #FXGmxbjY
  4. [ 編集]

大串選

時田さん

なんだかまるで自分が入選したように喜んでおります
気持の冴えが、よくわかる気がする

自分では詠めないが、作品には共感します
ありがとうございます
  1. 2017/03/07(火) 15:02:14 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4880-fa2f8180