未分類日記以前の天童の家RSS|

雪 室



食後の喫茶(朝・昼)時に、いつも食べるものが決まってある。

一つは、季節の果物。今はりんご。言えばデザートである。
一つは、干し柿。秋からずーっと一冬食べている。常温保存でいいのだが、「天童の家」では冷凍している。
    解凍時に旨味が増すことに気づいたのである。
一つは、ピーナッツで、朝だけ20粒。昼に妻は小魚アーモンド、私は「食べる煮干し」を少々となっている。

りんごは、保存できるし、好きなので、たくさん買う。そしていっぱいもらう。
保存できるといっても、長期間のうちにはどうしても新鮮さが失われる。
その新鮮さを保つために、「天童の家」では、雪室を利用することに。

雪室などというと、なんだか大袈裟だが、天然の雪室で、ランニング・コストはタダだ。
っふふ 屋根から落下した雪の壁(雪塊)をくり抜いて作った自家製の雪室だからである。

知識は以前からもっていたが、実際に運用するのは、はじめてである。
はたして、知識通りに失敗なく新鮮さが確保できるかどうか楽しみだ。

70210-10.jpg

70210-20.jpg

70210-30.jpg



スポンサーサイト
  1. 2017/02/13(月) 05:20:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

コメント

こんのさん

おはようございます!

雪が降らない静岡市では考えられない保存のしかただと思います(^^)

確かにランニングコストはかかりませんね。
  1. 2017/02/13(月) 08:32:18 |
  2. URL |
  3. 溶射屋 #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

ランニング・コスト

溶射屋さん

雪国では、もっと大々的な雪室が、実際に運用されてます
ランニング・コストがかからず、保存が有効なのですから、利用しない手はない(笑)

「天童の家」のはどうなりますか
楽しみです

コメント ありがとうございます

  1. 2017/02/13(月) 09:15:10 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

雪室

雪室とはよく考えたものですね~
天然の保冷庫!
これぞ雪国ならではの生活の智恵ですねえ!
TVで紹介されたのを見たことがあって、一般的に用いられるのかと思っていましたがこんのさんちでは初めて?
意外な感じですが、冷蔵庫もある時代だからそんなものなのでしょうか・・・。
  1. 2017/02/13(月) 16:39:12 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

雪 室

阿蘇望亭さん

家庭用冷蔵庫のスペースは、限られてます
ですが、雪室の場合は、コンテナごとたくさん収納できます
その違いは、大きいですね

新庄市とか大蔵村肘折など豪雪地でないと、雪室は難しいです
天童市などでは、ほんの ままごと雪室(笑)
はい、はじめての試み(アソビ)です
  1. 2017/02/13(月) 17:01:06 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

いいなぁ

雪室!いいなぁ、いいなぁ、いいなぁ。

干し柿、解凍したほうが、美味しい。
我が家も、そうしています!
  1. 2017/02/13(月) 21:37:59 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

雪国だなぁ

まさに雪国ならではですね。
拝見しているだけで、ワクワクしてしまいました。
大阪では見果てぬ夢です!
  1. 2017/02/14(火) 01:46:21 |
  2. URL |
  3. 25okurokku #AVgFLk6E
  4. [ 編集]

寒冷効果

驢 人 さん

雪は、厄介者ですが、そうとばかりは言えない
ハサミと00は使いようとか...... (笑)

雪や寒冷もうまく使えばよろしいかと
  1. 2017/02/14(火) 07:26:48 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

雪国暮し

25okurokkuさん

雪国の暮しは、厳しさが伴います
でも、マイナス面だけでなく面白い面もあるものです

へへ 夢をみることも楽しいことです
コメントありがとうございます

  1. 2017/02/14(火) 07:31:24 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4856-36f84102