未分類日記以前の天童の家RSS|

花 面



2日は、この冬いちばんの猛吹雪になった。(既述)
こんな日は、家でじーっとしているにかぎる。
しなければならないこともなく、ぼーっとしていると、「あれがきれい! 写真に撮った?」 妻が問う。

妻が言う「あれ」とは、先日、お隣の「茶の湯教室」の先生から頂戴した京菓子『花 面』のことである。
撮ることに躊躇していたが、「あまりよけいなことを考えずに、撮ればいい」と妻に促される。

「花面」は、京都長久堂の銘菓である。その菓子は美味いだけでなく、見た目がいい。こころに響く。
「花面」には、翁・乙羽御前・小面・福の神・嘯吹(うそふき)など狂言面の洒脱風雅が並んでる。
「おもて」だけでなく、下の画像に見るように、今年の干支である酉、あるいは羽子板・独楽なども楽しい。

茶の湯は、掛け軸・活け花・茶菓子・茶道具など、所謂 総合芸術の世界なのだなぁと改めて思う。

今回は、たまたま頂戴した茶菓子のそれに、ある感動を覚え、カメラを向けた次第である。

     70202-h1.jpg

70202-h2.jpg

70202-h3.jpg

70202-h4.jpg

70202-h5.jpg

70202-h6.jpg

70202-h7.jpg

70202-h8.jpg

70202-h9.jpg

70202-h10.jpg



スポンサーサイト
  1. 2017/02/04(土) 05:15:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

目出度い!

正月に相応しいお菓子ですね。
長久堂ですか、ナルホド…

文化!ですね…
  1. 2017/02/04(土) 14:05:30 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

季節の贈り物

美しいお菓子ですね。
生活の中にそっとおかれた季節の贈り物ですね。

すてきなティータイムをお過ごしくださいませ。
  1. 2017/02/04(土) 15:36:25 |
  2. URL |
  3. 25okurokku #AVgFLk6E
  4. [ 編集]

干菓子

外国のことは知らないのですが
この干菓子は、まちがいなく日本の文化でしょうね

見ているだけで、なんだか嬉しくなります
したがって、なかなか口に運ばれません(苦笑)

  1. 2017/02/04(土) 15:47:52 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

季節を現す

25okurokkuさん

いろいろなお菓子がありますが
このようなのを見ると、活け花をみるのと似たような季節感を覚えます

茶湯を喫することができるのは、季節の粋を感じながら生きていられる
凄いことなのだなぁと思います

ありがとうございます
  1. 2017/02/04(土) 15:56:33 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

「花面」は、京都のお菓子でしたか~
写真では大きさがわからないので能面かと思いましたよ~
いかにも京都らしいお菓子ですね。
  1. 2017/02/04(土) 21:51:35 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

能 面

阿蘇望亭さん

能面のそれを忠実に模して彫った鋳型?で作ってる
そんな説明文が頷けました
はい いかにも京都らしさを覚える干菓子で、嬉しくなります

  1. 2017/02/05(日) 07:24:49 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4846-8deaeadb