未分類日記以前の天童の家RSS|

ヒヨドリ


今年の1月には、庭のウメモドキに赤い実が残っていた。
それをヒヨドリが啄みに来てるのを撮っている。(2016.01.24撮影画像)

60124-70.jpg

        60124-60.jpg

その実は、2015年秋になった実である。

ところが、今年は、もう実は一粒もない。
多くはならなかったが、ちゃんと実はついた。それが全部食べつくされたのである。
ヒヨドリは、それでもウメモドキの木にやってくる。

すぐ傍に、熟しきった赤い柿の実がなってる。それを喰いに来る。
柿の実は、昨年は不作だった。今年は大豊作で、全部はもぎとれず、熟した実がたくさんなってる。
鳥たちは、そういう自然の仕組みの中で、命途絶えずに生きているのだろう。と思うとホッとする。

でも、本格的な冬、積雪はこれからだ。
野生動物たちには、厳しい季節である。

18日に撮った画像 ↓

61217-01.jpg

   61217-02.jpg

        61217-03.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/12/20(火) 05:20:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

命をつなぐ

冬到来で鳥たちも命をつなぐために大変ですが、考えてみれば、北国を訪れるハクチョウにしても九州を訪れるナベヅルもだからこそ我々も楽しませてもらえる?
我々にとってはにっくきヒヨドリもウメモドキにとっては子孫をつなぐタネを遠くへ運んでくれる恩人なのかもですね。
  1. 2016/12/20(火) 20:29:12 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

子孫をつなぐ

阿蘇望亭さん

こころに響くコメント、(そうだなぁ)と頷いてます
地球という星では、いろいろのことが繰り広げられているのですね

昨夜は、男仲間の忘年会でして
少し飲みすぎたようです(笑)
  1. 2016/12/21(水) 07:41:13 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4787-081e52ef