未分類日記以前の天童の家RSS|

難民がいる

原発の島

2011年3月11日(3.11)で被災したことごとに関連した句や歌が朝日俳壇・歌壇に掲載された何回分かをブログでアップしてきた。
今、ここに11月7日、13日、21日、28日の日付けの新聞がある。
7日と13日付けには、3.11関連句や歌がない。

これまでたまに関連作品がない週はあったけれど、2週続けて無しは、おそらくはじめてのような気がする。
関連作品の投稿がなかったということではないだろう。あったとしても選外レベルなら掲載されないのはしかたない。
そうだとしても、やはり淋しい気持ちは強い。3.11難民は、まだまだたくさんいるからである。

  始発駅残る蚊にしこめが息を吹く   熊谷市・時田幻椏

掲句は、3.11関連句ではない。畏友 時田さんの句が7日次席で掲載されてるのが嬉しかった。


  山林に自由は存れど家近き山除染せず帰還るに難しと     福島市・青木崇郎

  ランニングコストが安いと原発の廃炉に掛かる金は無視して  甲府市・内藤勝人

↑ 上は、21日付け歌壇より


  原爆の原発の島永久に凍つ     いわき市・馬目 空

  口下手なフクシマ憂ふ木守柿     鴻巣市・佐久間正城

↑ 上は、21日付け俳壇より


  福島に見えぬ出口の寒夜かな  福島県伊達市・佐藤 茂

  冬星に祈るや核のなき地球      川口市・青柳 悠


↑ 上は、12月5日付け朝日俳壇より

以前は、我が日本には、難民などいないと思っていた。だが、それは違ってた。
最近、ニュースで報じられてるが、福島から避難している転校生が、いじめを受けてたり、また、婚約女性が原発事故地からの避難者であることが理由で破談になるなどの事例を耳にし、こころがいたむ。

短歌や俳句で、3.11の風化を少しでも防ぎたい気持ちで、このようなブログを時折アップしているのだが、なんとも無力感を覚えてしまう。
しかし、難民の居る限り、根気強く、忘れずにやっていきたいと思う。


61205-9n.jpg

61202-9m.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/12/06(火) 05:16:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

御礼

変らぬ御心遣い、御礼申し上げます。
只々、ありがたい限りです。
  1. 2016/12/06(火) 11:08:22 |
  2. URL |
  3. 幻椏 #FXGmxbjY
  4. [ 編集]

感 謝

時田さん

こちらこそ、ありがとうございます

12月もあっという間に6日、時の流れの速さに驚きオタオタしております
  1. 2016/12/06(火) 15:55:06 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4774-39876315