未分類日記以前の天童の家RSS|

も や



タイトルを「もや」としたが、これでいいのだろうかとあやふやな気分。
はじめは霧としたのだった。でもすっきりしない。霧ではなくもやにしたい。
っふふ、もやもやした気分を払拭しようと検索する。(笑)

以下は、ウィキペディアの転載である。
------------------------------------------------------------------------

霧と靄(もや)

霧または靄は、微細な水滴が大気中に浮遊している事によって、視程(見通すことのできる水平距離)が小さくなる現象である。大気中に浮遊する水滴が光を散乱するために起こる。

霧と靄の違いは、視程の低下の程度の違いであり、気象観測においては視程が1 km未満のものを霧といい、1km以上10km未満のものは靄(もや)と呼んで区別する。

一般的に単位体積当たりの水分量が多いほど視程は小さくなるが、同じ水分量でも小さい水粒が多く存在する時の方が視程が小さい。

低い霧・地霧視程が1km未満の霧のうち、太陽を透かして見ることができる薄い霧を低霧または低い霧(low fog)という。
また、山などでは山のふもとの地面まで達するような霧を低い霧、山の中腹や山頂付近にだけ見られる霧を高い霧と区別することがある。

視程が1km以上で、人間の視線の高さより低い地面付近にのみ霧があるものを地霧(shallow fog)という。こちらは気象観測上、霧には含めない。航空気象観測では MIFG と通報される。




靄(もや、英: mist)とは、霧と同様に空気中の水蒸気が凝結して細かい水滴となり浮かんでいて視程が妨げられている状態であるが、霧よりも薄いものを指す。

日本式の分類では視程が1km未満のものが霧、1km以上10km未満のものが靄である。
------------------------------------------------------------------------

ふ~む なるほど、そういうことか。と分かったけれど、それでもなおもやもやした気分が残る。(苦笑)
なにもそんなに拘ることもないはずなのに...... Pさんの死以来、少し鬱気味なのかもしれない。
周りの方々や、本人自身が困惑してることもないので、まぁ そのうちすっきりしてくるだろう。(笑)

撮ってきた画像を並べる。
こういうのが好きなんだなぁ

61201-70.jpg

61201-80.jpg

61201-90.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/12/03(土) 05:07:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

こんのさん

おはようございます!

あまり気にしたことないですが、使い方に違いがあるのですね。

勉強になりました。
  1. 2016/12/03(土) 06:17:21 |
  2. URL |
  3. 溶射屋 #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

ことば

溶射屋さん

雨や霧にもいろいろな言い方がある
言葉の豊富さ、表現の多様性に嬉しくなります

自然の豊穣さに感謝したいです
ありがとうございます
  1. 2016/12/03(土) 07:23:20 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

もやもや

もやる(靄る)とはいいますが、
霧る、キリる、とはいいませんね…

いい写真ですね。
光が降り注ぐ!
  1. 2016/12/03(土) 08:06:49 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

もやる

驢 人 さん

ことばって、面白いです
「神ってる」もやりましたですねぇ(笑)

写真 褒めていただき嬉しい!です
でも、今一度リベンジしたいのです

(これでどうか!)みたいなのを撮りたい(笑)
  1. 2016/12/03(土) 12:28:43 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4771-79899add