未分類日記以前の天童の家RSS|

散歩道で拾う



初雪2日後の散歩道

なにか目新しいのがあるわけではない。うらぶれた、わびしい、荒廃したような景色が続いてる。

小雨で残雪が融け、その蒸発した湿った空気が上昇気流となって、冷やされ、雲の赤ん坊になる。
いわゆる八雲となってゆっくり山を覆い、深山幽谷のていをなす。

初雪の世界を見てしまった目に、また現れた押しつぶされたボロ布のような情景に、やりきれなさを覚える。
とはいっても、目をつぶっては歩けないから、とにかく見たくないものを見ないようにして歩く。
歩くことが主目的だから、がむしゃらに、黙々と歩く。

時折、(美しい!)と思うのも目にする。
ツルウメモドキが抱える水玉がキラリと光る。それに救われる。

初雪から2日経ったのに、日陰にはまだ残雪があるのに驚く。
そこに雪と落ち葉のコラボを見つけ、嬉しくなってカメラを向ける。
そういう場に出合うと、っふふ なんだか得をしたような気分になる。

61112-10.jpg

61112-20.jpg

61112-30.jpg

61112-40.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/11/13(日) 05:27:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

秋と冬

可愛い実ですね。
季節は重なりながら移って行くのですね。
秋が多い重なりから、冬が多い重なりへ、
そして、いつの間にか、雪が全てを覆って、冬になる。
美しいですね。
  1. 2016/11/13(日) 08:07:37 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

重なりながら

ちょっと忙しく、レスが遅くなりました

っふふ 楽しんでの多忙(笑)
  1. 2016/11/13(日) 17:48:41 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4751-60980414