未分類日記以前の天童の家RSS|

あれから五年半

 

 原発に追われし楢葉五年経て雨に点れる外灯一つ       宮城県・須郷 柏

  突然に汚染基準が緩くなり底這う魚も市場に並ぶ       いわき市・馬目弘平

震災関連歌句は、9月11日の週はゼロだった。19日は上の歌2首だけだった。
11日の句にこんなのがあった。↓

  美女一人たたずむ先に鳥兜      明石市・江尻順子

なんとなく気にかかる句である。そうだトリカブトを撮りにいこうかなぁ などと思ったりした。
19日の句に、こういう佳句もあった。

  セザンヌの筆のタッチのラ・フランス  堺市・奥村英忠

  天地の恵をひかへめに受けて蔵王嶺に咲くコマクサ愛し     福島市・斎藤一郎

  あきらめた、という娘に月山の子さずけ守りを買いたり我は    市川市・相上洋子

上の2首には、地元の蔵王・月山が詠われてい、嬉しくなる。どちらも馴染みの大好きな山だ。

----------------------------------------------------------------------------------------

以下は、上の短歌について
鳥羽省三さんが「改作」を試みたものである。如何だろうか......


○  天地の恵みをひかへめに受けて蔵王嶺に咲くコマクサ愛し  (福島市)斎藤一郎

字余りや韻律の悪さが気になりますから、

    あめつちのめぐみかすかに受けたれば蔵王嶺に咲くコマクサいとし

と改作なさったら如何でありましょうか?



○  あきらめた、という娘に月山の子さずけ守りを買いたり我は  (市川市)相上洋子

このままでは、文意が通りにくいので、次のようになさったら如何でありましょうか?

    あきらめた、と言へる娘に月山の〈子授け守り〉を受けたり吾は


-------------------------------------------------------------------------------------------


60921-10.jpg

60921-20.jpg

60921-30.jpg

60921-t1.jpg

60921-t2.jpg

60921-40.jpg

60919-01.jpg

60921-t3.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/09/22(木) 05:16:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

秋は、まるい。

どんぐり、きのこ、みな、まるい。

春は、つくし、ふきのとう、とか
ツンツン生えてくるけれど、
秋は、コロコロ、って感じです。
  1. 2016/09/22(木) 11:55:03 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

ころころころ

あぁ そうですねぇ
視点が、やはり詩人だなぁ

嬉しいコメントです
  1. 2016/09/22(木) 12:55:40 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4688-0546dfc9