未分類日記以前の天童の家RSS|

人 物 像

「画像フォルダの底に残ってしまった画像たち」
今日の題であるが、あまりに長いので、考えることを放棄し、投げやりに「人物像」とした。
題を疎かにできないとは思うのだが、時々手こずってしまう。

正直言えば、目的とか意図があって撮ったわけではない。
散歩道で、たまたま出会った姿になんとなく嬉しくなってカメラを向けた。それだけのこと。
従って、それぞれの画像たちにはなんのつながりもない。
でも、いつものことながら無下にすてられない。いつの間にかフォルダに溜まってしまった。

ただ、人物像は、しばらく見ていると、いろいろなことが想像されるから面白い。
具体的に書けば、サイクリングしている、あるいはジョキングする人の足に目がいく。
その足の筋肉が、なんとも逞しい!ことか。こうして鍛えているからこそなのだろうと納得する。
自分はもう走り続けることはできないけれど、羨ましく眺め、カメラを向けてしまう。

人物画像には、風景や草花ともちがう物語性があるからついついカメラを向ける。
ただし、他の被写体とちがってプライバシーのそれがあるから要注意でもあるが


60912-03.jpg

60912-04.jpg

    60917-01.jpg

60917-02.jpg

60917-04.jpg

60917-05.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/09/21(水) 05:05:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

人物像

今野 様

○  毛むくぢやらチャリンコ二人に母子連れ出羽の杣みち秋色深し  鳥羽省三

○  バイク止めあらくさ探る男ゐて樹より零るる栃の実拾ふ      同

○  渓流に長き竿さし黙したり岩魚の他は用なき吾と         同

○  芋煮会の具にもせむかと漁れども六十里越え毒茸ばかり      同

 思い掛けず傑作4首を詠むことが出来ましたが、これも今野様の名作写真の御蔭かと存じ、深く感謝申し上げます。  鳥羽省三

 自作を称して「傑作」などと口にするのは慎むべき事とは思われますが、この4首を傑作と言わずして、どんな作品を傑作と言うのでありましょうか(笑)。
  1. 2016/09/21(水) 15:56:02 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #5wp0qRG2
  4. [ 編集]

物語

散歩道の物語!
それぞれの人生の一コマとでも言っていいのでしょうか、いろいろ想像されて楽しくなりますね。

  1. 2016/09/21(水) 20:20:39 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

傑作に感謝

鳥羽さん

ありがとうございます

六十里越街道

同じ呼称で2箇所あるのですね
山形で暮している者には、R112だったそれに馴染みがあります。

歌には、どちらでも通じる街道名ではありましょうが......
----------------------------------------------------------------------------------------------------
六十里越街道(ろくじゅうりごえかいどう)は、出羽国の内陸部と庄内を結ぶ唯一の陸路として出羽国の成立とともに開削された。この街道は塩や物資の流通路としての役目だけではなく、出羽三山の信仰が羽黒山を中心に勃興すると三山詣の道・修験の道として変貌してきた。

国道112号自体が、古来から「六十里越街道」と呼ばれているが、特に大越を越えるルートを月山道路と区別するために六十里越街道と称することがある。

国道112号の旧道であり、かつては山形と鶴岡を結ぶ路線バスも走っていたが、1981年の月山道路全面開通以降、大型車は通行禁止となり冬季通行止である。(

----------------------------------------------------------------------------------------------------
この項目では、新潟県魚沼市と福島県南会津郡只見町との間にある峠(国道252号)について説明しています。

道路改築事業は昭和初期、両県によって着手されたが太平洋戦争の激化で中止となり、戦後の1951年(昭和26年)に再開された。1958年(昭和33年)からは陸上自衛隊も加わって改築が進められ、1973年9月に県境区間が開通した。
開通当初は一部区間の路面が未舗装(ダート)になっていたが順次舗装され、現在は全区間が舗装されている。この両県境の区間には2006年(平成18年)11月、六十里越 雪わり街道という愛称が命名されている。

             (以上の項目は、ウィキペディアによ)
  1. 2016/09/22(木) 07:19:39 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

散歩道の物語

阿蘇望亭さん

プライバシーを考える、どうしてもこのような中途半端な画像になってしまいます
人物像は、やはり目がないとダメですねぇ
「目は口程に物を言い」とはよく言ったものです
  1. 2016/09/22(木) 07:24:08 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4685-ae1f5b22