未分類日記以前の天童の家RSS|

仔ツバメ

お盆なのに、畑の草刈りをやる。
お盆に除草作業もないかなぁと少し落着かない気分でやっていると、北隣りの畑でも同じく草刈りをはじめる。
間もなく、東隣りの畑では消毒作業をやる。

っふふ、お盆だからこそ、というか...... 農作業にはやらなきゃならないことがあるものだ。

畑でしごとをやりながら、気になることもあった。
昨日収穫した枝豆で、ぬた餅を拵え、仏前に供える手はずになってる。
そろそろ草刈りを止め、帰らなきゃぁ

今日のお供えは、ぬた餅。美味しくできた。
朝食後は、墓参り。

墓参りを済ますと、ホームセンターへ草刈機の替刃を買いに。
刃が擦り減って、切れにくく、よけいな力がいる。

というように、お盆なのになかなか忙しく、パソコンの前にも座れない。
昼食を済まし、ようやく一息である。
-------------------------------------------------------------------

仔ツバメ救出

野暮用があって、友の所へ行った。
この暑さにへこたれることもなく、出っ張ったお腹をさすりながら元気な友。
腹のことは禁句か。自分のそれは友のよりも出っ張っている。
っふふ、自分のは棚に上げ、友のそれを言うのは卑怯かも知れない。

まぁまぁ 腹のことは、どうでもよい。
「また、巣から飛び出し、戻れなくてる。戻してやれ」友が、息子に指示してる。
巣に4羽いるなかの1羽が、まだ十分に飛べないのに、巣から飛び出し、自力で巣に戻れなくてピーィ ピーィ
鳴いてる。

友の息子は、慣れたしぐさで脚立を使って仔ツバメを手にのせると、脚立を巣の下まで移動し、仔ツバメをそーっと巣に近づける。
仔ツバメは、なにごともなっかたように元の巣に落着く。その始終を親ツバメが傍らで見ている。

「どうだ、うまく撮れたか?」友が問う。
「う~ん、処理しないと分からない。ありがとう」

「ツバメを撮ったら」友の不意の言葉で、出会い頭的撮影となったが、思えば、もっと打合せてやれば、もう少しましなのが撮れたのではないかと惜しまれる被写体だった。
いわゆる「ぶっつけ本番」で、リセットなしの情景。「ツバメの仔救出作戦」ドキュメントである。(笑)

60812-01.jpg

60812-02.jpg

60812-03.jpg

60812-04.jpg

60812-05.jpg

60812-06.jpg

60812-07.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/08/14(日) 12:50:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

がんばれ!

ひろった子雀を思い出しました…
  1. 2016/08/15(月) 11:26:34 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

仔スズメ 

もう立派な親雀になってるのでしょうねぇ

  1. 2016/08/17(水) 06:44:31 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4646-d27bb145