未分類日記以前の天童の家RSS|

無 残

アクシデント

15日の「ヤマユリ讃歌」の末尾に、下のように書いた。

  近くには、膨らんだ蕾を重そうに連ねてる株もあり、あと2~3日で開花すると思われる。
  土曜日の朝、もう一度来てみようと思う。


また、阿蘇望亭さんのコメント、それへのレスには次のように書いた。

  ヤマユリ

 阿蘇にはこのヤマユリは残念ながら自生しません。

 山形を訪れて、山寺芭蕉記念館の庭でヤマユリをに出会った時の感動は今もって忘れられませんねえ~
 たくさん咲いていましたねえ~
 一つひとつの花もボリュームたっぷり!
 豪勢でした!!!
 そして何より山寺という背景が素晴らしかったですねえ!

 見ごろを迎えたらぜひもう一度!!!
                    2016/07/15(金)  阿蘇望亭

  リクエスト

 阿蘇望亭さん

 嬉しいコメント!
 リクエストには是非お応えしたい
 これから山寺芭蕉記念館へ行きます

 はたして、大きい株のが咲いているか
 祈る思いです(笑)
                    2016/07/16(土)  こんの
-------------------------------------------------------------------------

ということで、昨日の朝、再び山寺へ行く。

そして、思いがけない状態に驚く。
花は、咲いていたけれど、な なんということか!
何かの虫?に花も蕾も齧られ、無残な姿であった。

このような姿を見るのは、はじめてである。
よく考えれば、あり得ないことではない。
齧った奴は、この花や蕾が美味しいことを知っていたのだろう。
実際に食べたことがないので、美味いかどうかは分からないが。

食らいつきたいほど綺麗!という言葉がある。
そう思っても、誰も食らいつくことはしない。
ところが、虫は美味いものなら遠慮なく食う。
そういうことだろう。憎い虫め!と思うが、もう後の祭りである。

多情だと謗られるかもしれないが、ヤマユリはここだけにあるわけではない。
咲いてる場所なら、たくさん知っている。写真なら、そこのを撮ればいい。
と、諦め、山寺芭蕉記念館を後にする。

60716-01.jpg

60716-02.jpg

60716-03.jpg

        60716-04.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/07/17(日) 05:30:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

こんのさん

おはようございます!

それは残念でしたねぇ・・。

自然界の中の出来事、仕方ないですね。
  1. 2016/07/17(日) 06:57:46 |
  2. URL |
  3. 溶射屋 #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

かわいそう

おはようございます。
なんということ!
自然界は残酷ですね。

おいしい、おいしいと誰がこんな姿に!
花の写真を撮っていると、こんな悲しい場面にも遭遇しますね。

こんのさんのブログで美しいねむの花を見せていただき、私も大きな合歓に会いに行ったのですが・・・・・。
このねむの木はとても花期が早かったのです。
咲き終わった花の姿は悲しくて、すごすご戻ってきました。
  1. 2016/07/17(日) 08:16:01 |
  2. URL |
  3. momo #OnWBW9mw
  4. [ 編集]

しかたない

溶射屋さん

たしかに仰るとおりです
でも、しかし、......

それでも口惜しい!(苦笑)

  1. 2016/07/17(日) 09:27:28 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

かわいそう

momoさん

悲しい、そう思います
もし、人がこのような状態になったのを見たら
きっと悲しむでしょうねぇ

もちろん、花と人を一緒にはできないですが
愛でるにも、さまざまなことに出合いますね

コメントありがたいです!
  1. 2016/07/17(日) 09:32:07 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

必死なんですね

みんな生きるのに必死なのですね。
私達だって同じなんですよね。
大事に生きなくてはいけないと思いました。
  1. 2016/07/18(月) 02:00:11 |
  2. URL |
  3. 25okurokku #AVgFLk6E
  4. [ 編集]

懸 命

25okurokkuさん

はい、それぞれが懸命に生きている
そう思いますです

一度きりの命
燃やし尽くしていきたい!

  1. 2016/07/18(月) 08:29:50 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4615-f34c51e3