未分類日記以前の天童の家RSS|

季節の花を

挿絵的に

月曜日は、朝日俳壇・歌壇が読める。
3.11以降、関連作品をずーっと並べてきた。熊本地震が起きてからは、それも加えた。
7月4日、両者に関わる作品がない。

もちろん、もう復興がなったからではない。まだまだ復興中途である。避難者もおられる。
それと作品とは、必ずしもつながらない。関連投稿作はあっても、それなりのレベルに達しなければ掲載されないのはしかたないことだ。
それにしても皆無は、寂しい。まだまだ風化させてはならないことだとも思う気持ちが強い。

参議院選挙の真っ最中である。
猛暑日が続いてる。
バングラデシュで人質テロがあり、日本人7人が犠牲になる痛ましい事件が起きた。

そうした厳しい世相の中で、数々の詩歌作品が生まれる。

作品を読み終え、散歩に出かける。
作品に添えられる画像が撮りたい! と思いながら歩く。

--------------------------------------------------------------------

    今日の色明日明後日七変化       白山市・辰巳葉流


60704-20.jpg


    ジュリエットゐさうな出窓凌霄花    芦屋市・酒井湧水


60704-50.jpg


    花合歓の大樹天空笑まふかな     加古川市・森木史子


60704-40.jpg



畏友 時田さんの句が今週もまた読めた!

    少年の濡れて含羞青梅雨来       熊谷市・時田幻椏  


60704-30.jpg


以下は、時田さんのブログからの転載(一部)である。

 私にとって月曜日の朝は、いつも変わらずドキドキする。2000年以来、年50週のほんの10パーセント程々の入選に対して、無意識の内にも身構える私が居る。不遜な言い様で恐縮だが、投句者にとって可能性はゼロで無い朝日俳壇入選に、毎週緊張するのである。

 本日、金子兜太選 次席に我が句を御取り頂いた。句評は、「梅雨に濡れて羞じらい気味の少年。妙にセクシュアル。」とある。

 我が句の少年も、今の少年ではないかもしれない。我が内なる少年、今日まで変る事無き少年性の含羞が、雨に濡れた事に照れているのだろう。歳老い枯れても、その生の中に湿度感を残しておきたい、と思う今日この頃なのである。


60704-10.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/07/05(火) 05:09:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

コメント

御配慮、御礼申し上げます。
こうして御心遣いと近しい御関係を賜れる事は、我が内なる心の湿度感の持続に・・・、只々感謝するばかりです。
有難い事です。
  1. 2016/07/05(火) 08:59:10 |
  2. URL |
  3. 幻椏 #FXGmxbjY
  4. [ 編集]

湿度感

時田さん

湿度感
あぁ いいですねぇ
なんだか身体が潤ってくるような気がします

ありがとうございます
  1. 2016/07/05(火) 12:58:16 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

あっ

そうか!
ブログにアップする前に、私の駄句を、こんのさんに送って、
写真を撮って貰えばいいのだ‼

とか、一瞬思いましたが、
そんな不遜な事は、百年早いことです(冷汗…)

というより、いつも「天童の家」の写真を見て、
季節の風を感じては、一句ひねっている事が多い、
インドア派の私です。

お世話になっております。



  1. 2016/07/05(火) 16:35:00 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

こんのさん

こんにちは!

いつも素敵な写真をありがとうございます。

  1. 2016/07/05(火) 16:59:07 |
  2. URL |
  3. 溶射屋 #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

コラボ

驢 人 さん

そういえば、ずいぶん前になりますが
[とれたての短歌です。]俵万智+浅井慎平
素敵な本でした

本は、もう処分してしまいましたが、記憶には鮮やかに残ってます

句とフォトのコラボ
いいですねぇ(笑)
  1. 2016/07/05(火) 17:47:25 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

フォト

溶射屋さん

季節の花を見ていると、大袈裟でなく、生きている、と感じたりします

ありがたいものです
  1. 2016/07/05(火) 17:51:33 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

季節の花々

○  紫陽花のくれなゐに咲きあゐに咲き天童のいへ梅雨真つ盛り

○  薔薇苺を少年のころ愛でたりき天童のいへ児ら巣立てるや

○  紅く咲く凌霄花のまだ若く青き蕾も見えたり幾つ

○  合歓の葉を杵で叩きて粉にして抹香がはりに遣ひたる日よ

○  時田氏の一句を読みて思ひ出す婦人倶楽部の綴じ込み付録  
  1. 2016/07/05(火) 19:42:17 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #5wp0qRG2
  4. [ 編集]

風化

熊本地震も「まだまだ風化させてはならない」ですね!
被災地にいると、ダッカの事件も参議院選挙ももちろん大切ですが、忘れられはしないかと心配になります。
  1. 2016/07/05(火) 20:38:40 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

忘れない

阿蘇望亭さん

関連の詩歌が、なくても、それは忘れたことではない。
作品として、一定レベルに達しなければ、壇上に並ぶことができないのは、しかたないことである。
ということですよねぇ
次週に期待です
  1. 2016/07/06(水) 08:58:42 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

梅雨真つ盛り

鳥羽さん

佳い歌 ありがとうございます
嬉しい ですねぇ

さすがに歌詠みの名手!
読み応えがありますです
  1. 2016/07/06(水) 09:02:49 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4603-216709f3