未分類日記以前の天童の家RSS|

時のものたち

散歩道で、今 目につくものを撮った。
あるものを、あるがままにカメラにおさめる。

最後のアジサイは、裏の池の傍らに咲いてる。

     60621-10.jpg

60621-20.jpg

60621-30.jpg

        60621-40.jpg

60623-10.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/06/24(金) 05:12:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

心うごく

美しい写真ばかり‼︎

なんというか…うまく言えないのですけれど、
① 今野さんが散歩する
②今野さんが「オッ、きれいだ!」と立ち止まる。
③今野さんが、カメラを構える。
④今野さんが、シャッターを押す。
という、すべての瞬間に今野さんの存在、というか、心の動きがあり、
それが全て写真の中に在る、そこが写真の力となり、
見る私たちに伝わるのですね。

だから、コンテストのように「お題」を与えられて撮る写真には、
その「オッ、きれいだ!」からの一連の心の動き、を
力に出来ないから、一層、難しい…のではないだろうか…
とか、思いました。

ともかく、美しい季節の便りを、ありがとうございます!
  1. 2016/06/24(金) 11:45:00 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

季節だより

驢 人 さん

①~④ 自分では、あまり意識することもなく、そうしているのですねぇ
例えば、美しいと目に入ったものには、自然とカメラを向けています
それが楽しい
ですが、コンテストの場合は、審査員とのバトル(苦笑)なので、余計なことを考えてしまいます
楽しくないとは言いませんが、季節のそれを撮るのとはだいぶ違います
自分としては、あまりよけいなことを考えずに、見たままを素直に写せたらいいなぁと思ってます
毎年の繰り返しというマンネリ化は否めないのですが、それでも「今年もまた、このような美しいものと会えました」と......

少しでも、共感していただければ嬉しいです
ありがとうございます
  1. 2016/06/24(金) 18:18:10 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4592-f51ff947