未分類日記以前の天童の家RSS|

賜りもの


芝桜G

受賞写真を幾度も、見て思う。
高位受賞できたのは、たまたまの偶然であると。
撮影できたそれは、作品などと呼ぶものではないとも思う。

もちろん、それなりにいろいろ考え、あの山へ上った。
あの場所を選んだのは、2分の必須。あとの8分はたまたまの幸運である。
あのアングルは、山寺でさくら花を撮った時に得たものだ。(あぁ、この俯瞰がいい!)と。

画像に、目障りな枯れ木が写っている。それも幸いに葉が繁っていないから邪魔さもだいぶ軽減されてる。
さらに幸運なのは、5人の人物が、それぞれにまるで打合せでもしたかのようにちょうどいい位置に、目立ち過ぎないでいる。
この人たちがいなければ、この画像はかなり間延びしたものになっていたはずだ。

サイクリング・ロードの位置、遊歩道から分かれ、芝ざくら広場(河川敷)に入る路を歩く人二人、カメラを構える男性、すべてが揃っていい位置にいる。

言うまでもないが、このような状況は、誰が設定したわけではない。たまたまあの時間に、あの場所にいた。
それを偶然に写すことができた。

この偶然の連続、それが巧まずして写せた。これは作品などではなく、なにものからかの賜りものの結果と思えてしようがない。

グランプリを目指すなどと息巻いていても、結局、それはこちら側の一方的な思い込みであって、そうなるか、ならないかは、誰にも分からないことだ。

応募した他の画像(自分の)を見れば、やはりイメージしてる重要ななにかが不足してる。
時期的なズレや、構図的に半端だったり、光量の足りなさとかさまざまだが、要するに作品になるには賜りものがないのである。

そういう意味では、作品などと呼ぶのは、あまりにも恣意的というか、傲慢で、現実には、与えられたそれを撮らせてもらっている、というのが実際ではないか。

今回、コンテストに参加させていただき、以上のことを切実に感じることができた。ありがたいことである。

コンテストを否定はしないけれど、今後は進んで参加することはしたくないとも思う。写真は比べるものではないからである。

今回のコンテスト参加で、以上のことがわかったことが大きな意義だったと、勧めてくださった友にしっかりと伝えたいと思っている。
友と、そして「運」みたいなものから賜った賞をこころの奥にだいじにしまいながら、今後も好きな写真を撮り続けていきたいと思う。

60419-70.jpg

↑ ↓ 4月19日撮影(再掲)

60419-60.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/06/20(月) 05:30:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

コメント

求める気持

こんのさん、写真展入賞本当におめでとう♪
毎日のように撮っている写真ですが、おととい昨日とちょっと忙しくしており、食べた物以外ほとんど撮りませんでした。

>偶然の連続、それが巧まずして写せた。
>誰が設定したわけではない。たまたまあの時間に、あの場所にいた。
だけど、それを求めようとする気持ちがなかったら、その写真は存在しなかった事だと思うのです。
私も日々ああ~いい写真だな~と思えるものがなく、もう少し、もっと、違う何かを・・・・と能力のなさに気づかずに思ってしまうのですが、
『いい写真が並んでいますね』と言われるとうれしく、また撮ろうかなと思っている自分の単純さにまたあきれている日々です。
>写真は比べるものではないからである。
このこともなるほどと思いました。
あちこちのブログを拝見していると、例えそれがちょっとピンボケの写真だったりしても、『いい写真だな~』と思えるものがたくさんあるからです。
写真についていろいろ考えさせられた月曜日の朝でした。
PS
 入賞作品に写っている手前の枯れ木、私はこれがあっていいなあ~と思うのです。
東北山形ならではの芝桜の季節がよく出ておりますよ。いい写真ですね。
  1. 2016/06/20(月) 07:25:10 |
  2. URL |
  3. momo #OnWBW9mw
  4. [ 編集]

momoさん

>ちょっとピンボケの写真だったりしても、『いい写真だな~』と思えるものがたくさんある

同感!で~す
優劣があるかもしれませんですが、それは別次元
伝えたいことが表現され(撮れ)ていればいい

嬉しいコメントありがとうございます
  1. 2016/06/20(月) 07:43:22 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

こんのさん、おめでとうございます。
受賞作品を楽しみにしておりました。
写真と作句は極めて近い、と感じております。御作品を拝見し、感動を切り取る行為は、同質と思いました。
益々の御活躍を御祈念申し上げます。
  1. 2016/06/20(月) 10:51:22 |
  2. URL |
  3. 幻椏 #FXGmxbjY
  4. [ 編集]

おめでとうございます。

今野幸生 様

○  芝ざくら八分咲き美(は)し肩寄せし女人なほ美(は)しアングル素敵   
                            鳥羽省三
○  肩寄せし女人よろしく花よろしカメラアングル更に宜しき
○  むら咲きの芝桜よりなほ佳きは肩を寄せ合ふ女人なりけり    
○  芝さくら群れ咲く径の側らにファインダー覗く禿頭ひとり      
○  芝ざくら観てか観ずてかマスクして若き女のまだ冬すがた
○  白き帽子目深に被り背を曲げて熟女静かに芝ざくらを観る
  1. 2016/06/20(月) 15:16:23 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #5wp0qRG2
  4. [ 編集]

感動を切り取る

時田さん

俳句や短歌鑑賞が好きで、時には自分でも詠もうと試みるのですが、なかなか難しく、うまく詠むことができません

写真ですと、あまり悩まないでシャターがきれます
感じたことを表現するには、やはりそれぞれに叶った手段があるのでしょうか?

(なるほど!)のコメントに感謝です
ありがとうございます
  1. 2016/06/20(月) 16:31:50 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

禿頭ひとり      

芝さくら群れ咲く径の側らにファインダー覗く禿頭ひとり

この禿頭の人こそ、誰あろう?
ここ芝ざくらを司る「花咲かじいさん」こと Mさんであるようだ
芝ざくらは、まだまだ小規模だが、これから年ごとに拡大を目指してるようで
間違いなく一大名所になるものと楽しみにしてます

鳥羽さん
たくさんの佳句、ありがとうございます
      
  1. 2016/06/20(月) 16:44:29 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

感想

今だから言いますが、人物の存在が画像を引き締めているなあ~って思いました。
それぞれが思い思いにシバザクラを楽しんでいらっしゃる姿がいいですね!
前もって書いて外れていたら恥ずかしいと思ったので・・あと出しじゃんけんですみません(笑)
  1. 2016/06/20(月) 19:05:45 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

人物の存在が

阿蘇望亭さん

人物の存在
そ、そうですねぇ 仰るとおりだと思いますです

風景でも、やはり人がいる、いない、で変わります
なるべく人物を入れて撮りたい!と思ってます

ありがとうございます
  1. 2016/06/21(火) 04:45:52 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4588-d3e7078e