未分類日記以前の天童の家RSS|

長生きとは


近所(隣組)のTさんが亡くなられた。享年91。
喪主になる長男さんが「生ききった人生ですから、どうか賑やかにしてください」と隣組衆に告げたという。
葬送の儀式は、どうしてもしめやかに、ややもすれば辛気くさい雰囲気で、肩が凝るものになりやすい。

享年91は、悲嘆するものではなく、むしろ寿命を全うした人生、これまでの生き方を近所衆からも祝ってもらってもいいと考え、よけいな気遣いを取りのぞくという配慮から発した喪主の挨拶だったと思料される。

隣組衆の打合せから戻った妻から、その話を聞き、(なるほど)と諾う気持ちになって、「80を越えたら、もう悔いない人生だものなぁ」と言う私。
「イエ、80ではない。今は90越えないと年寄りとか、長生きとは言わない」と妻が言う。
「それはママの考えだろ、80まで生きたら十分だよ」と私。

年寄りとか、老人と言えるのは、昔は65とか70だったが、今では違う。今老人と言えるのは、80を越えた人である。それは私個人の言い分ではなくて、先日のテレビで言ってたことだ。と妻が意気込む。

っふふ、テレビが言うことは、世間一般が認めていることだとも言う。
ふ~む、そうなのかぁ テレビが、社会通念をつくっていくのかぁ(笑)

それにしても、80越えなきゃ年寄りとは認めてもらえないとは、たいへんなことである。
80近くになって、高い枠組みに上ってさくらんぼの雨除けテントを張る。老人ではないから、やって当たり前。それはなんとも難儀なことである。
難儀なことは、もうそこそこ卒業したい!と、心底思う。(苦笑)

テレビが、妻にいろいろと悪知恵を吹き込むのが憎ったらしい。
百歳人口もかなり高い数字になっているようだし、やはり80まではなんとしてでも生き延びなければならないのか?
東京オリンピックが、80になった年に開催される。
できることなら、せめてオリンピックを見てみたい気持ちだ。しかし、それも寿命次第。だれにも寿命のことは分からない。

        60614-10.jpg

60614-20.jpg

60531-8h.jpg

60531-7h.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/06/15(水) 05:20:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

今野 様

○  シシウドの花しろく咲くあしたこそ人は誰にも優しくできる   鳥羽省三


 準グランプリ、真におめでとうございます。
 ご本人としては、或いは「どうせから、グランプリが欲しかった!」といったような、お気持ちかも知れませんが、どなたかの言葉ではありませんが、「どうして一番でなくてはいけないんですか!二番ではどうしてダメなんですか!」などと、昨今の私は思ったりもします。
 今日のお写真の花を、私は「シシウド」と思って一首をものした次第でありますが、もしも違っていたらお許し下さい。
  1. 2016/06/15(水) 10:16:55 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #5wp0qRG2
  4. [ 編集]

老人…

ああ、なんだか、凄くわかります。
まだまだ若輩の身ながら、多分、今の私は
今野さんと同じ気持ちです。

私も先日から、
人生五十年、と言っていた時代もあったのに…
とか考えていました。

近所にアジサイ園がある神社があり、
沢山の方が最寄りの駅からその神社までの道を歩いて行かれるのですが、
そのほとんどが70歳以上の方のようにお見受けします。
皆さんお元気で、お年寄りとは呼べないハツラツな雰囲気で、
人生を楽しんでいらっしゃる様子に、高齢化社会の縮図を見る心地です。
とは言いながら、
自分の10年後20年後の姿が、こんなに元気ハツラツ!だとは想像できないのです。
不安の方が大きくて、まして80歳90歳の自分など…
100歳で健康元気な義母を、毎日見ているから、色々と余計な事を考えるのかもしれません。

今野さんの奥様のように、
「まだまだ老人じゃない!」と前向きに日々を過ごす事が大切なのでしょうね。
「今が幸せ」の気持ちですね‼︎
  1. 2016/06/15(水) 11:13:32 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

しろく咲く

鳥羽さん

仰っしゃることが、こころにしみわたります
うん、うん 頷きながら「そうだなぁ」と独語

花の名前、なんというのかなぁ
分からないままにカメラを向けた
(きれいだ!)と思ったからです

いい歌を頂戴し、嬉しい!ですねぇ
ありがとうございます
  1. 2016/06/15(水) 12:57:25 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

今が幸せ

驢 人 さん

人生とか、生涯ということばが、ストレートに浮ぶのは、大先輩の逝去があったからなのでしょう
死というより、生についていろいろと考え(感慨)が浮かびます

妻じゃないけれど、テレビ(家族に乾杯など)を見ていると、90過ぎても元気な人がたくさん映しだされます
どうして、超高齢者がこのように増えたのでしょう
不思議です
母が、間もなく91になります
「百までダイジョウブだなぁ」妻と二人で、そんな会話をすることがあります(度々です)

男76・女71 まだ、若く、今がいちばん幸せです(笑)
  1. 2016/06/15(水) 13:08:50 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

義母88歳、米寿のお祝いをと言ったら
あと2年で90歳だから卒寿のお祝いをしてくれればいいよ
と断られました(^^ゞ
元気でいてくれるのに感謝です。
  1. 2016/06/15(水) 14:15:27 |
  2. URL |
  3. pallet #3Nwp5rdE
  4. [ 編集]

元気で

palletさん

あぁ なるほど そうですねぇ
元気でいられる それがなによりです

長寿社会といっても、なかにはいろいろと難題を抱えるケースもありますからねぇ

ありがとうございます

  1. 2016/06/15(水) 16:25:56 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4582-45e6a331