未分類日記以前の天童の家RSS|

地震酔い


以下は、2011/04/20(水)のブログの一部である。

  ゆらゆらと

それまでも船酔いは、経験していた。
乗船で、あの吐気をともなうイヤな船酔いに遭って(早く動かない所へ行きたい!)と強く思いながら、やっと上陸する。
やれやれとホッとし大地に立つ。
...... が、揺れないはずの大地に立っておりながら、なおも揺れを感じ(これはいったどうしたことか?)と辟易する。
船酔いとはそういう一面をもっている。

それと似たようなのに「地震酔い」があることを 3.11 の大震災の後に、自身それを体験し、その後も続くイヤなそれに戸惑っている。
たいていの体験は、繰り返すことによってその刺激の大きさは減退していくものだが...... 地震動や地震酔いのそれにはなかなか慣れることができない。
ふとしたなにかのはずみで、地震を感じる。それが、実は本当の地震ではなくて、いわゆる地震酔いなのだと分かるまでの時間がなんともいえない気持ち悪さ!

食事をしてる最中だとか、鏡に向かってヒゲそりをしてる時、あるいは浴槽の中で地震酔いを覚えることが多い。
実際に地震が起きてる時の揺れは、たしかに怖い感じがするけれど、地震酔いの場合は(怖い)というよりも、ふにゃらふにゃらした実態感がないそれで、恐さより気味わるさが強い。
むしろ、実際の地震の方が、耐えやすい。地震酔いはあの不確かな揺れでイヤというか、ガマンできない。

そして、「坊主憎けれりゃ袈裟まで憎し」ではないのだけれど(笑い)、っふふ 揺れるものを見ると、ついイヤなものを連想し、不安になってしまう。
その具体例を、次のような 俳句作品にみることができる。

       今は好まずぶらんこの揺れさへも   神奈川県葉山町・中島さやか
                                   朝日俳壇(4日付)より


地震酔い と似て非なるものにメニエール病がある。主たる症状は、めまい発作であり、やはりめまいは人を大きな不安にさせる。
昔のことであるが、妻が一時めまい発作に苦しんだことがある。他者が見てるかぎりにおいてはなんの異常も感じられない。
けれど、当人にとって、めまいは深く大きな当惑なのである。盤石な大地があり、それが不動のものであるというのは安心・安定の基盤である。
ところが、それがぐらりと揺れ動いて、ゆらゆら続くのだから堪らない気分だ。これは当人でなければ分からない苦痛(苦悩)なのだ。

60420-10.jpg

桃の花は、例年なら5月にはいってから咲くのだが...... 今年は、もう咲いた
スモモもさくらんぼの花も咲いてる

60420-20.jpg

60420-30.jpg

60420-40.jpg

白いのがスモモの花。赤いのがモモ

60420-50.jpg

60420-60.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/04/22(金) 05:29:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

揺れ

地震酔い、めまい、辛いですね。
テレビに映る場所以外でも、
たくさんの人が被害に遭われて大変な思いをされていることと思います。
少しずつ支援の手が集まっている事が救いですね。

スモモもモモも桃のうち、って花も似ているんですね‼︎
  1. 2016/04/22(金) 07:17:23 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

百花繚乱

さくらんぼが白い花を咲かせてます
北国の春は、数多くの花たちが一斉に開きます
まさに百花繚乱

くまモンと一緒に、ガンバッテ欲しいです
ガンバレ熊本
  1. 2016/04/22(金) 07:42:45 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

こんのさん

こんにちは!

311の時は我が静岡市内もグラ~グラ~と揺れました。

停まっていた車の横揺れが凄かったのを覚えています。

  1. 2016/04/22(金) 17:33:42 |
  2. URL |
  3. 溶射屋 #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

大地の揺れ

溶射屋さん

地震・雷・火事・親父
っふふ 怖いものの筆頭ですからねぇ

熊本、大分のみなさん
ガンバッテほしいです
  1. 2016/04/22(金) 17:49:29 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4515-72031d39