未分類日記以前の天童の家RSS|

いちめんの菜の花

海溝に墜ち

  逃げ水の戻れぬ日々の福島よ      鴻巣市・佐久間正城

  春灯原発探す日本地図         甲府市・中村 彰

  ポストには赤いポストとモニタリングポストの白のありてふくしま   福島市・美原凍子

  海溝に墜ちてゆくのは中華鍋家族の写真赤い自転車          塩釜市・佐藤龍二

  去る人を仙台料理でおもてなし震災五年あの日に戻る         仙台市・福原幹夫

上は、朝日俳壇・歌壇(10日づけ)より

「海溝に墜ちてゆく」の歌からは、天童荒太著「ムーンナイト・ダイバー」の情景が浮ぶ。
>透子の夫の車が例の断崖にさしかかったらしい。先端が下方に消え、車の後部が斜め上に持ち上がる。虚空に 咆哮する。海獣の姿を思わせる。次の瞬間、車は見えない力に引きずり込まれるように、辺りの吹雪を巻き込 みながら消えた。(226ページ)


  いちめんの菜の花いちめんの放射能  いわき市・馬目 空

  内臓がはみ出している被災地の夜の街路を家まで急ぐ         塩釜市・佐藤龍二

  船乗りも日舞師匠も左官屋も肩を寄せ合う仮設住宅          塩釜市・佐藤龍二

  津波にて亡くなりし人乗るといふタクシーのあり五年の月日      茨木市・瀬川幸子

  被曝地にいのち生れては住み続くいのちの行方知らされぬまま     鴻巣市・佐久間正城

  有権者住む辻求め、よその町よその市走る富岡町議選         福島市・青木崇郎

上は、朝日俳壇・歌壇(18日づけ)より

次の俳句は、3.11関連ではないが、畏友 時田さんの入選句

  啓蟄や俳句手帖に数多空欄       熊谷市・時田幻椏


 60420-01.jpg

60420-02.jpg

60420-03.jpg

60420-04.jpg

 
スポンサーサイト
  1. 2016/04/21(木) 06:47:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4513-0df1faf1