未分類日記以前の天童の家RSS|

サギと友だちに


さくら開花の報が次々にある。
みちのくのさくらも間もなく見られると思うと嬉しくなる。

しかし、半面、はっきりした暖かい陽気にならない天気に恨めしい気分も混じる。

今日(24日)も朝早くには照っていたが、その後は曇って風もでてきた。
(春らしく、さくらの花を咲かせる陽射しが欲しいなぁ)と思いながら、気をとりなおし散歩へ出かける。
季節の端境期、ようやく開花したイチゲさえ、寒い曇空のもとでは花びらを閉ざしてる。

緑色がわずかに見えるのは、カンゾウとコシャク(ヤマニンジン)のまだ小さな若葉くらいだ。
それにニワトコ(ハヤメノキ)の芽が膨らみ、緑っぽくなってきてる。
目に入る風景は、まだ冬の続きの枯葉色が広がる。

あの冬鳥たちの姿も、もう見かけない。植物や動物たちの姿全体が乏しく、なんとも寂しい気分。
カメラの出番がない。カラスとスズメ、それにトビが輪を描いてるくらい。
もう幾度もエントリーしているサギの姿に、自然にカメラが向く。

アップするかどうかは措いて、カメラで追いかける。サギを友だちに遊ぶ。
しかし、サギにとっては、迷惑千万な友だちだろう。落ち着いて餌捕りもできない。

ふ~む サギに対する思いと、サギの立場が違う。
いくら友だちになりたいと願っても、サギには受け入れられないことのようだ。
そのことは分かっているつもりだが、カメラが追いかけていく。(苦笑)

今のところ、サギを凌駕する被写体がないので、自然にそうなってしまう。
サギには、納得できないことだろう。

          60323-01.jpg

60323-02.jpg

60323-03.jpg

60323-04.jpg

60323-05.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/03/25(金) 05:30:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4471-9f8a7f98