未分類日記以前の天童の家RSS|

気づかずに

見逃して

21日、春風が強い。洗濯物がまだ濡れているのに、まるで乾ききったように膨らんではためく。
風がなければ、今年最初の消毒作業をと準備していたが、この風ではできない。
妻は、さくらんぼに施肥をやった後、庭の草取りをする。

「散歩してきたら」妻に促され、頷いて出かける。
時々晴れ(陽射し)るが、風が相変わらず強い。
いつものサイクリング・ロードをスタート点(山寺宮崎公民館)まで歩くが、カメラは一度も使わない。
カメラを向けたい被写体に出合わないのである。ちょっぴり寂しい気分だが、こういう日もある。

復路もなにもなければ、大森トンネルの向こう側、線路脇のイチゲの咲いてる所か、里山のユキワリソウが咲く場所へでも行ってみようかと思う。

復路を少し歩いた所で、往路では気づかなかったイチゲを見る。(あぁ 咲いてる!)
それもけっこうたくさん咲いてる。

往路で見逃したものに、復路で見ることはしばしばある。人の目(視線)はそういうものである。
枯葉色の中で花の色は目立つ。その目立つ花を往路では見つけられなかった。
なのに、復路ではあっけなく見つける。もちろんカメラを向ける。

そこを後にし、またしばらく歩くと、今度は道の左側(川の流れてる方)の河川敷にイチゲがたくさん咲いてるのを見る。
往路では、まったく気づかずに通過している。こういうことってあるのだなぁ
人の目は、いや自分の目は、なんとも杜撰というか、へへ 目が杜撰とは言わない。そう、集中力がないのが分かる。
見ているようで、意外に見逃していることが多いような気がする。

スプリング・エフェメラル、春の妖精たちが、春風に揺れてる。枯葉の下から、小さな花たちがうち揃って春を謳っている。
嬉しくなって、しばし詩人になってカメラを向ける。
線路脇のイチゲや里山裾のユキワリソウは、また日を変えて行くことにしよう。

60321-10.jpg

60321-20.jpg

60321-30.jpg

60321-40.jpg

60321-50.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/03/22(火) 05:48:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

こんのさん

こんばんは!

>往路で見逃したものに、復路で見ることはしばしばある。人の目(視線)はそういうものである。

意識して歩くことで色んな発見があります。

今回、気にしていたからこそ発見できたのかも知れないですね!!

  1. 2016/03/22(火) 18:14:17 |
  2. URL |
  3. 溶射屋 #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

意識して


溶射屋さん

やはり意識することがだいじですね
ありがとうございます

見たいものを見、見たくないものは無意識的に見ない
そういうことでしょうか

  1. 2016/03/23(水) 09:33:23 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4467-9a92973b