未分類日記以前の天童の家RSS|

あやかり椿


ブログ「驢馬の耳」10日のそれは、「破屋」と題した素敵なエッセイ。

  落ち椿あふれこぼるる破屋かな    驢ノ477

佳句と文章が、読むものを納得させ、豊かな世界に誘う。
次のような文に触発され、椿を並べたいと強く思った。


  元々、山野にある木は施肥や剪定をしなくても、生き続けるものなのだろうか。

  赤、白、桃色、紅白の霜降りのものなど、一重、八重、様々な椿が、
  主のいない庭で、咲き続け、咲き終え、落ちていく。

(あやかりだなぁ)と思い、可笑しくなった。

椿の画像は、9日の散歩で撮ったものである。
椿は、春の花。木偏に春だから。毎年書く決まり文句だ。(笑)

上3枚は、先日撮った。下の画像は、昨年の画像である。
昨年は4月25日に撮った。2010年は3月3日に、雪とのコラボで撮っている。
長い間、見られる椿なのだ。

60309-10.jpg

60309-20.jpg

60309-30.jpg

以下、過去画像

50420-100.jpg

50420-110.jpg

50420-120.jpg

50420-130.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/03/11(金) 05:48:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

お恥ずかしい…

相変わらずの駄句ですが、
素敵な写真を添えて頂き、
馬子にも衣装!な感じです。
ありがとうございます(^o^)/
  1. 2016/03/11(金) 08:59:12 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

感 謝

断りもなく、文章を拝借し、すみませんです
(わかってもらえる)との甘えがあるのです

椿は、散歩中に(きれいだなぁ)とカメラを向けたのですが、どういうふうに使ったらいいのかまごまごしてたところ、タイミングよく「驢馬の耳」で椿に出合い、これ幸いと便乗させてもらいました(笑)

ありがとうございます
  1. 2016/03/11(金) 17:04:03 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4451-cd3b5c8a