未分類日記以前の天童の家RSS|

ト ビ


見上げる空を、一直線に飛ぶ大きな鳥は、白鳥であり、鷺である。
飛翔する姿を見つけ、カメラを構えた時には、シャッターチャンスを逃がしていることが多い。

その点、ト ビは、円弧を描いてゆっくり舞う。そう、風に乗っているのだ。
だから、シャッターも余裕できれる。まさか写真に撮られることを楽しいでいるわけではないだろうが、警戒し、急いで逃げ去るようなことはない。
カメラマンには恰好の被写体である。

ウィキペディアに次のような記述がある。

 飛翔中、カラスと争う光景をよく見かけるが、これは、トビとカラスは食物が似ており競合関係にあるためと考えられている。
 特にカラスは近くにトビがいるだけで集団でちょっかいを出したり、追い出したりすることもある。


こういう場面に出合うのは、珍しいことではない。
寺津沼で白鳥を観ていた時(過去)、沼の上空に数羽のトビの姿があった。そこにカラスが1羽やってきたら、トビが直線的に近づいてカラスを追いかけだす。

珍しいことだと思った。
それまでは、状況が逆で、数羽のカラスが、大きなトビを追いかけ回すのが通例だったからである。

60221-10.jpg

60221-20.jpg

60221-30.jpg

60221-40.jpg

以下、過去画像より(小さいほうがカラス)

01213-a.jpg

01213-d.jpg

01213-f.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/02/26(金) 05:53:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

連日の素晴らしい写真に、コメントするのも忘れて、見入っています。

着々と春は来ているのですね。
例年、私の春は「天童の家」から訪れます。
  1. 2016/02/26(金) 08:51:27 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

春の足音

四季があること
嬉しい!です
冬が厳しいほど
春が待たれます

その春が、間もなく
そう思うだけで、こころがぱーっと明るくなります

ありがとうございます
  1. 2016/02/26(金) 09:46:09 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

カラスとトンビ

望遠レンズが活躍していますねえ~
50mmしかないズームが泣けてきます・・・。

きれいな青空はすでに春到来を感じさせますね!
カラスとトンビの関係・・そうなんですか~
画像が証明!・・おもしろいですねえ。
  1. 2016/02/26(金) 17:31:49 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

遊 び

カラスとトビのそれを見ていると
本気でやっているとは思えません

半分アソビでやっているような印象です
特に、トビのようすでは、余裕で遊んでる感じが強いですね

300ミリですと、手持ちで使えますからいいですね
  1. 2016/02/27(土) 07:43:09 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4431-e9bc0b7a