未分類日記以前の天童の家RSS|

土竜(モグラ)


冬になって雪が降ると、それまでの風景は一変する。
どこも雪に覆われた地上は、いわゆる銀世界となる。
雪で覆われた地は、意外に寒くないのかもしれない。

冬が終りに近づき、雪が融けると、隠れてた地が現れる。
そこには瑞々しい緑がある。雪の下でじーっと待ってた。

緑のカンバスに、太く黒い線で描かれたのを目にする。
ナスカの地上絵を見るような、特異な模様が現出する。

描き手は、土竜くんである。はい同じ絵柄は二つとない。
視力の弱い土竜くん、何を意図して描いたのだろうか?
餌探しに、ちょっと歩いただけだよなどと答えるのかも。

モグラは、野ネズミなどと違って、その姿に愛嬌を覚える。
こんなエピソードもある。


 柔らかく、上質の光沢をもつモグラの毛皮は重宝され、20世紀に入るまで、乗馬用ズボンやコートなど、さまざまな用途に用いられてきた。

 モグラの黒焼きは土龍霜と呼ばれ、日本でも民間薬として使われてきた。強壮作用、興奮作用、排膿作用があるとされる。
 『大和本草』の?鼠(ウクロモチ、モグラのこと)の項に、「肉ヲ焼テ癰疽諸瘻ヲ治スト云ウ」、つまりはオデキや痔などの化膿したものを治すと、本草綱目から引用している。
 また、中外医薬生産(中外製薬とは別)から、土龍霜を配合した「ユリアン」という夜尿症の治療薬が発売されている。

 上の**間のそれは、ウィキペディアからの引用

っふふ なかなかに役立つ動物でもあるのが分かる。

いずれにしても、この模様を見ると、うん(春になったのだなぁ)と実感する。季節の隠れた風物詩である。


60222-d1.jpg

60222-d2.jpg

60222-d3.jpg

60222-d4.jpg

60222-d5.jpg

60222-d6.jpg

60222-d7.jpg

60222-d8.jpg

60222-d9.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/02/25(木) 05:35:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

迷路

初めて見ました!

モグラも、迷っているのかなあ〜
ああ、
人生、ウロウロ、これでいいんだな、なんて、
思いました(笑)
  1. 2016/02/26(金) 08:54:12 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

軌 跡

もぐらくんの動いた跡が、春を告げてる
そんな想いがわいてくる春の風物詩です

これを見ると、さぁさぁ畑仕事をはじめなきゃぁ
と、言われてるような気になります(笑)
  1. 2016/02/26(金) 09:41:01 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4430-51661956