未分類日記以前の天童の家RSS|

老舗を守って

特異なお店

妻の友だちのSさんは、日用雑貨を商っている。S市の目抜き通りに店を構えてる。

日用雑貨と書いたが、並んでる品々がなかなかユニークというか特異なのが面白い。
獲った魚を囲炉裏で燻製にし、保存する際に使う物とか、泥鰌を獲る竹ひごで編んだ長い筒状の物。何という名なのか分からないが、昔は「ド」と言って重宝した物である。
もちろん、獲った魚を入れる竹ひご製の魚籠もある。

赤い鼻緒のわら草履、わらじまである。現実生活では、もう使う人はいないだろうから、演劇をやっている人でも買うのかなぁ
先にふれた囲炉裏とか、魚籠なども時代物であり、実生活から消えてしまった物である。
そう言えば、天井から吊り下げられてる品々は、いわば民芸品の範疇に入るもののような気がする。

お店は、Sさんと娘さんの二人でやっている。
娘さんの旦那さんは勤め人で、暮らしの資は旦那さんが担っていると思われる。
他人さまのことは分からないから、よけいなことは書けないが......
お店に並んでる品々を見ると、そう思ってしまうのである。

妻に、そのことを話すと、「違う!」と一蹴された。
たくさんのお得意さんがあって、店頭に並べてない品々の配達がとても忙しいのだという。
そうかぁ 民芸品のような商品は、いわば伝統的な老舗としての顔であるのかもしれない。

店舗の扉を開けると、目にするのがそういう時代的な、民芸品的な品物である。
そう書くと、いかにも古びた、カビ臭いお店と思われるかもしれないが、実際は洒落て、落ち着いた店舗だ。
商品に目が行く前に、娘さんが作った素敵な作品に出合うのである。

次に、その娘さんの傑作(雪だるまでこんにちわ)を並べる。
店のありようが覗えるだろう。

60201-01.jpg

60201-02.jpg

60201-03.jpg

60201-04.jpg

60201-05.jpg

60201-06.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/02/24(水) 05:20:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

モンテディオ山形と大宮アルディージャのアウェー戦に御地を訪問する事が大きな願いなのですが・・、今シーズンも又夢に成ってしまいました。
素敵なお店の紹介、是非御邪魔したいと思いました。モンテディオの活躍に期待です。
  1. 2016/02/24(水) 09:46:27 |
  2. URL |
  3. 幻椏 #FXGmxbjY
  4. [ 編集]

スレ違い

大宮アルディージャ
モンテディオ山形
「君の名は」の真知子と春樹みたいですねぇ(笑)

モンテディオ山形にはガンバッテもらいたいです

ありがとうございます
  1. 2016/02/24(水) 10:05:24 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4428-383bb5c0