未分類日記以前の天童の家RSS|

剪定作業

 
植栽した果樹は、手入れしないとダメになってしまう。
徒長枝が呆れるほど多く混みいって繁茂し、3~4年で枯れる。
(と、断定できないが...... そうなることが多い)
その点、自然に生えてきた木は、適当な枝ぶりで成長していく。

育てられた樹は、剪定しないと(管理しないと)、早晩枯れ果てる。
上手に剪定すれば、なる実は大きく、樹勢も盛んになるから面白い。
果樹つくりには、剪定の上手下手が大きく左右するからこわい。

こわいからといって、剪定をしないわけにはいかない。
だから、他人さまのそれを真似しながら、妻と二人で、ああでもない、こうすればいい等と言い合いながら適当にやっている。
適当にというのは便利な言葉で(笑)、実際は、見る人が見れば、噴飯モノなのかもしれない。

知らないことは、ある意味、こわさも知らずに平気でいられる。

とにかく、よい・わるいは措いても、ノコギリと剪定バサミで、万遍無く陽が射すようにと枝を伐り、姿を整える。
うまくしたような気分で、作業を終了するのだが、花が咲き、葉も茂って、実が大きくなるにつれ、枝の混み具合が強く、樹の下が暗くなるのをみる。例年のことである。(苦笑)

ならば、今年こそ上手にやろうと意気込む。
へへ、果たしてどういう結果になるか? そろそろはじめなければならない。

他人さまは、もう、剪定した枝焼きをやっている。
この枝焼き、大ぴらにはやれないのだが、これだけの煙が立ち上るのだから、人目から逃れられない。
でも、年に1度の風物詩としてみれば、ふ~む 目くじらたてるほどのことかと勝手に思ったりする。

60209-01.jpg

60209-02.jpg

60209-03.jpg

60209-04.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/02/20(土) 05:52:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

枝焼き

残雪をかきわけて(?)果樹の剪定が始まっているんですねえ~
りっぱな果樹を育てるには欠かせない作業!
天童では、剪定の枝焼きも季節の風物詩なんですね!
でも”大ぴらにはやれない”?
田畑の作物や雑草の焼却は問題ないといいますが・・・
天童も都市化しての話?
阿蘇の草原の野焼きもそのうち問題とされるのでしょうか???
  1. 2016/02/20(土) 19:17:07 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

焼 く

枝焼き
籾殻焼き
農作業では、焼却が伴うものです

京都では、薪を燃やす登窯ができなくなって、ガス窯や電気窯に切り替わらざるを得ないとか

野焼きは、1回性ですからねぇ
禁止するものと、そうでないものを分けて考える
核燃料などは、いちばんやっかいな問題なのに、
燃やし続けているのですからね



  1. 2016/02/21(日) 07:42:26 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4421-e3244f1d