未分類日記以前の天童の家RSS|

放射冷却

旧の元日に

8日は、旧正月だった。
例年なら軒下にどっさり雪が積もってるのだが、今年はその雪も少ない。
さすがに冷気は厳しく、この冬いちばんの冷え込みで、マイナス6度。

先日吊り下げた凍み大根が、凍りつきガチガチに小さくなってきてる。
「色も変わってね、いい凍み大根ができる」と妻が笑う。
「放射冷却がキツイ。水が冷たく手がかじかむ」洗濯槽の衣類を脱水機に移すだけでも感覚がおかしくなる。

朝日が、眩しい。冬の色ではない。春を思わせる。
「まだ8日。旧正月にこの天気。嬉しい。雪がないのには慣れた。もう雪はいらない」
「暮らし易いのがほんとにいい。雪、うふ いらないなぁ」

雪がない冬に、以前は、なんとも落ち着きない気分があったけれど、今は少ない雪に気分も弾む。
雪掻きの難儀さがない。それがこんなにもありがたい。老いたからなのか、嬉しさを強く感じる。

「歩いてくる」
「まだ寒いよぉ」もう少し暖かくなってからにしたらという妻に逆らい、出かける。
(ふ~む、冷えるなぁ)雲一つない青空。月山がきれいに見える。久しぶりで眺める月山だ。

朝日連峰も雪が輝いてきれいだ。
こんなにはっきり見える月山、朝日連峰、今年になってはじめてのような気がする。

良いカメラアングルを求めて道から畑にはいる。
雪面が、強い冷え込みで凍りつき、80Kgの体重でも靴が陥没しない。いわゆる堅雪(高雪)になって、どこでも歩ける。今年はじめての堅雪だ。
車に気をとられずに、勝手気ままに、雪面どこでも歩ける。とても嬉しい。

空は晴れ渡って、月山や朝日連峰より倍も遠い鳥海山が見える。
月山までは50Km弱だが、その2倍半も離れてる鳥海山が見えるのは、年に数日あるかないかだ。
道路標識や樹木がじゃまで、なかなかピントを合わせづらいが、どうにか証拠写真をゲットできた。

60208-10.jpg

60208-20.jpg

                                         ↑  ぼんやりとだが 鳥海山

60208-30.jpg

      朝日連峰    

60208-40.jpg

                   ↓ 大朝日岳

60208-50.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/02/09(火) 07:42:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

素晴らしい雪景色

素晴らしい青空!
素晴らしい眺めですねえ~月山も、朝日連峰も、そして鳥海山まで!
身も心も洗い清められるような・・・。

雪はやっぱり山だけがいいですか(笑)
  1. 2016/02/09(火) 19:15:15 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

雪は山だけで

コメントが嬉しいです
はい、雪が少ないと(いいなぁ)です
山の雪は美しい(笑)

雪のない山は、寂しい
山の輝く雪は、いいですねぇ(笑)

今朝は、雪ベラで掻くほどの雪でした
  1. 2016/02/10(水) 07:44:54 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4406-0ddf33dc