未分類日記以前の天童の家RSS|

散歩道探し


積雪があると、散歩道の確保がたいへんだ。
ずーっと歩いてきた立谷川沿いのサイクリング・ロードは、雪で塞がってしまった。
歩行者・自転車専用路だから、車に気遣いせず安心して歩けたのに......

散歩道は、他にもたくさんあるのだが、いずれも積雪で歩けない。
除雪した道路でなければ、歩けないから、散歩道確保は難儀になる。
生活道路や産業道路は除雪なるけれど、通行車も多く、また道幅も狭くなるため、散歩にはリスクが伴う。

昨年の冬は、運動公園のアリーナを繋ぐ通路を歩いた。運動公園までは車で行く。
もっと近くに歩ける所はないかなぁと...... 候補にあがったのが、歩いても行ける「大森トンネル」。
トンネルの中は、道路が通ってる(笑)。道路脇にひろーい歩道スペースがある。道路との境には柵もあって
安全的には申し分ない。

トンネルの中は、雪がない(笑)。歩くには、なんの支障もない。もちろん、照明も立派なのが並んでる。
ただし、車がトンネルに入る度にかなり高い騒音というか、轟音が響きわたる。
あの音を快いと感じる人は、少ないはずだ。(苦笑)難聴者である自分でさえ、(この音さえなければなぁ)と思う。

でも、その音さえ気にしなければ、トンネル内は誰に遠慮することなく歩ける。
たとえ、風が吹こうが、どのような激しい雨でも、傘なしで歩ける。(笑)
景色は、トンネルの両側に見られる。
ふ~む、散歩道になる。へへ 選択肢の一つ。 と、思う。

2月になれば、積もった雪が固くなり、雪面を歩けるようになる。いわゆる「堅雪」、または「高雪」。
そうなれば、どこでも散歩道になる。積雪面がすべて歩ける。
雪は、散歩道を塞ぐこともあり、また逆にどこでも歩けるようにする特異な役者だ。

雪を恨むだけでなく、雪と仲良くなって楽しむのもいいものだ。
そう思うようにしている次第である。

60123-z.jpg

60123-05.jpg

60123-04.jpg

60123-03.jpg

60123-01.jpg

*

話が変わる。

昨年の春から、ずーっといつもの年の気候のありようと大きく違った。
春が早くきて暑い日が続いた。
夏は猛暑と異常な豪雨があった。
お盆を境に、猛暑はウソだったようにおさまり、残暑もなく秋になった。
冬の季節になっても温かく、雪が降らない。雪のない正月で、このまま春になるような気さえした。

だが、18日から冬らしい降雪があり、続いて寒波が押し寄せ、ふ~む 日本列島は次のようなことになった。
備忘録として、ここに転載しておく。


 西日本積雪

 長崎8センチ、鹿児島4センチ 西日本大荒れ  毎日新聞 2016年1月24日 09時25分

 日本列島は24日、上空に今冬一番の強い寒気が入り、西日本(近畿、中四国、九州)を中心に大雪になった。 長崎市や鹿児島市など九州の平野部でも積雪を観測した。

 冬型の気圧配置は25日にかけて続き、気象庁は西日本や北陸を中心に大荒れの天候になるとして、交通の乱れや雪崩などに警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、24日朝、長崎市では8センチ、鹿児島市4センチ、佐賀市3センチの積雪となった。
 午前7時までの24時間に広島県北広島町で74センチ、石川県珠洲市35センチなど中国、北陸も大雪になった。

 沖縄も冷え込み、那覇市の24日朝の最低気温は8.9度だった。(共同)



スポンサーサイト
  1. 2016/01/25(月) 05:14:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4386-9a026f6d