未分類日記以前の天童の家RSS|

濃霧の日に

少し長く歩くと、着物が湿っぽくなるほどの濃霧だったが、それでもいつもと同じように歩く。
視界がわるく、カメラはほとんど使えないかなぁと思うほどの霧。
でも、昔から、なぜか霧が好きだった。

あれは誰だったか、病状が急変し、親戚の面々が病院へ駆けつける時も霧だった。
似たような場面が、何度か繰り返したような気がする。
霧でなく、夜だった時もある。

いずれにせよ、そういう切羽詰まったようなできごとと霧がむすびついて思い出される。
それなのに、どういうことか、霧がわくと懐かしい気分になる。
なにが懐かしいのか、はっきりしない。

妙なことである。

51214-30.jpg

51214-40.jpg

51214-50.jpg

51214-60.jpg

51214-70.jpg

51214-01.jpg

51214-02.jpg

51214-03.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/12/17(木) 05:10:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

霧の向こう

霧の向こう、道の奥には、
冬が待っているのでしょうか。
そんな感じ…
  1. 2015/12/17(木) 09:58:08 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

道の奥には

冬(雪)を待っている気持ちもある
雪は、暮らしには厄介なのですが



なんとなく儚げな、それでいて強か
っふ 矛盾した気分

冬 ...

  1. 2015/12/17(木) 11:35:46 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

霧の風景画

絵の知識などほとんどないに等しい私が、なぜか好きになった画家がいます。
この日の霧の風景はアンドリュー・ワイエスの絵を思わせます。
  1. 2015/12/18(金) 17:46:39 |
  2. URL |
  3. hanamomo #OnWBW9mw
  4. [ 編集]

アンドリュー・ワイエス

momo さん
コメントありがとうございます

恥ずかしながら、アンドリュー・ワイエスを知りませんでした
検索し、学びました

そのように高名な方の画風に似てる
嬉しいような、恥ずかしいような...

  1. 2015/12/19(土) 07:41:36 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4328-be92e101