未分類日記以前の天童の家RSS|

果物の王様

果物の王様といえば、思い出すのがシンガポールの旅。
シンガポールへ行ったら、必ずドリアンを食べると決めてた。
ドリアンは、「果物の王様」と言われてるからである。

ホテルに荷物を置き、街へくりだす。
屋台の出店のような果物屋が並んで、客を誘ってる。
さっそく、ドリアンを買って食べる。うん、やはり旨い!!

だが、同行のうちで旨い!と食べたのは女性1、男1だけで、それ以外は顔をしかめて敬遠。
女性1と男(私)に「あげる」と買ったドリアンが集まる。あの時は得したなぁ(笑)
そんなふうになったのは、へへ 以下のような理由である。

  ドリアン(Durian)
「果物の王様」といえば、このドリアン。トゲトゲしい皮で存在感があり、また匂いが強烈なのでシンガポールでは電車への持ち込みが禁止されているほどです。

街中を歩いていて「なんだこの匂い?」と思ったら、それはほぼ間違いなくドリアンの屋台です(笑)

そんな強烈な匂いのドリアンですが、中の実はねっとりしていてカスタードのような味わいです。病みつきになる人が多いのも頷けます。


さて、同僚たちがドリアンを敬遠したその強烈な匂いとは、どのような......
「旨い」とむさぼり食ってる二人にむかって、同僚は呆れたような顔で、「うんち、うんち」と囃し立てる。
そう言われれば、「うんち」の匂いがしなではない。でも、ドリアンのそれは、臭いではなく、匂いなのだ。
その味は、まさしく王様の味!

似たような意味では、「くさや」がある。
あれは魚だが、果物ではやはりドリアン。

さて、さて外国ではなくて山形のはなしをしよう。
山形では、「し」の発音が「す」になまることがある。
忙しいが「えそがすえ」、美しいが「うずくすえ」または「うずくさえ」などとなる。

そして次がラ・フランスの話である。

 「みだぐなす」とは「見たくなし」、つまり「みばえが悪くかっこ悪いもの」という意味の方言だ。
 こんなあだ名をつけられていたラ・フランスなのに、その驚くほど上品でとろけるようなおいしさが
 知れわたるや、一躍フルーツ界の女王となった。
 いま、生産量では山形県が全国の約80%を占め、「果物王国やまがた」の中でも、まさに女王様。

っふふ、果物の女王様は、匂いではなく形が不恰好。「みだぐなす」なのである。
皮を剥いてカットしてしまえば、誰も敬遠はしない。
ドリアンとはそこが違う。さいわいなるかなである。


さて、以下は付録。我が街のキャッチフレーズを並べてみた。

 天童市   将棋駒といで湯とフルーツの里 

 東根市  果樹王国ひがしね

 寒河江市 夢追い 人・緑輝く さくらんぼの都市(まち) 寒河江

 尾花沢市 雪とスイカと花笠のまち

 河北町   雛とべに花の里

 上山市   蔵王と城と茂吉のふるさと 健やか交流都市・かみのやま


ラ・フランスでは、このような取り組みもやっている。

 ラ・フランス統一販売開始基準日
産地が一体となって、おいしい果実を生産・出荷するため、「統一販売開始基準日」を設定しています。
平成27年産ラ・フランスの「統一販売開始基準日」は、10月22日(木)に決定しました。

51025-01.jpg

51025-02.jpg

51025-03.jpg

51025-04.jpg

51025-05.jpg



スポンサーサイト
  1. 2015/11/01(日) 10:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

ラ・フランス

11月に入りましたねえ~
霜月!・・朝夕はめっきり冷えるようになりました。
「みだぐなす」のラ・フランス!
見たいです!
食べたいです!(爆笑)
  1. 2015/11/01(日) 19:38:43 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

ラ・フランス

ラ・フランスとおみ漬け
お待たせしました

今日、発送します
見て、食べてください


  1. 2015/11/02(月) 07:18:13 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4266-30579472