未分類日記以前の天童の家RSS|


今朝、起床時は小雨が降ってた。
散歩は休みだと思う。だが、あの巣(卵)が気になる。
抱卵しているのだろうか?

小雨降る中、傘をさし、長靴を履いて、畑に向かう。
鳥を驚かせないように、栗の木の並んでる方から、足音を忍ばせ、身を隠すように近づく。
カメラの望遠レンズで覗き見る。だがどうなっているのか、よくわからない。

まぁ、とにかく確かめてみたい気持ちが勝って、そろそろと近づく。
巣が見えてくる。鳥はいない。
(???)巣のようすが変だ。
あるべきはずの卵が見えない。

無惨!
巣は空で、割れた卵の殻が3つ散らばってる。
カラスかなにかに襲われたのだろう。

今日のこのブログをどうしようか......
大きな逡巡。
触れたくない。
でも、黙して済むことではない。

躊躇する気持ちを奮い立たせパソコンに向かう。(苦笑)

大きな卵が6個、丸出し状態。
見れば、誰だって食指が動くのは当然。
人間には、いろいろな想いがあって、食べる欲望をコントロールできる。
だが、他の動物には食欲が絶対優先。卵を見逃すはずがない。

人間だって、食べなきゃ生きていけない。
食欲では、人間も他の動物も一緒。
卵を襲ったものを謗ることはできない。

50822-01.jpg

50822-02.jpg

50822-03.jpg

50822-04.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/08/22(土) 12:37:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

ああぁ

卵にとっては、災難。
カラスにとっては、御馳走。

自然界では、被害者も加害者もないのですねえ〜
  1. 2015/08/23(日) 08:39:16 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

自然界

自然界ではですね

百姓しごとをやっていると
土中の虫(蝶の幼虫)は見つけ次第捻り潰してしまう
平気でやっている

作物を荒らす動物は、許せない(笑)
人間の勝手でしょうね
  1. 2015/08/23(日) 13:07:15 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4163-63c2d994