未分類日記以前の天童の家RSS|

ナツズイセン

全国一斉に

ナツズイセン : 夏に咲き、春の葉はスイセンを思わせるのでその名が、
        といってもスイセンとは異質で、ヒガンバナと同じ属。
        ヒガンバナより開花は一カ月余り早く、花びらはやや大きいが
        雄しべは花びらと同じくらい。
        このため雄しべの超出するヒガンバナが大きく見える。
        中国原産で、元禄から知られる。
                       「花おりおり」より
ヒガンバナと同じ属ということに納得。
ヒガンバナも春の葉っぱはちゃんと青々と茂るが、いつの間にか見えなくなってしまう。
ナツズイセンも春にはスイセンよりも旺盛に葉を繁茂させるが、夏のはじめには枯れてしまう。

なにもない土から、今頃になるとにょきにょきと茎を伸し、アッという間に開花する。
ナツズイセンもヒガンバナも似たように葉なしで、長い茎と独特の花を咲かせる。
ヒガンバナが一月遅れて咲くというが、なるほどと納得。秋の彼岸は9月23日だ。
ヒガンバナは、日本全国一斉にその頃に開花する。

もしかしたら、このナツズイセンも今頃日本の津津浦浦に咲いているのだろうか?
「ヒガンバナより開花は一カ月余り早く」とあるから、きっとそうなのだろうなぁ

50820-01.jpg

50820-02.jpg

50820-03.jpg

50820-04.jpg

50820-05.jpg

50820-06.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/08/22(土) 05:11:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4162-4fbe296d