未分類日記以前の天童の家RSS|

方 言

方言とは、その地方だけで使われてる言葉をさす。気候風土が違えば、それを表現する言葉もできる。
共通語だけでは表現しきれない言葉もうまれる。方言には、情がこもってて好きだ。
だが、方言がだんだんに使われなくなった。そして土地の人情も希薄になってきた。

「邂逅の森」を読み、秋田や山形のふるい言葉がこころにしみた。
下は、hanamomoさんのコメントと、それへのレスポンスである。

   秋田弁
 「早く!」というよりも『ちゃっちゃど・・・』のほうが感じが出ますね。
  近所に遊佐の女性がいて、なんとかだのうという語尾の「のう」の響きが美しいです。

  秋田弁を表現するの難しい。
  「し」でもない、「す」でもない、その中間の発音は表現できないから、音で覚えなくてはなりません。
  じっとりとした今日のような天気は『やばちぃな』
  はてまた、しつこくていやな感じの人のことも『やばちぃ人』と表現する。

  くもさんたちの芸術、すごいですね。
  最後の一枚はこんのさんの芸術品です。
2015/07/24(金) hanamomo

   やばつい
  先ほど、ナスとキュウリとオクラを収穫してきた
  先日の激しい雷雨で啓翁桜の枝折れが目立っつ
  トラックも走れないような伏木なので片付ける

  まだ雨に濡れているので、こちらの衣服も濡れる
  やばつい(やばっつい)たらありゃしない
  やばっついのあの感じを現す標準語はなにかなぁ
2015/07/24(金)  こんの


「邂逅の森」は、方言だけが面白いのではないが、秋田と山形が近いということもあって、秋田言葉がよく分かる。
この物語が、いわゆる標準語で記述されていたら、はたしてこれほどの面白みを覚えただろうか......
方言で語られたことで、マタギ物語は成功したと言えよう。

50724-10.jpg

50724-20.jpg

50724-30jpg.jpg

50724-40.jpg

50724-50.jpg


お詫び
上の文中
「下は、hanamomoさんのコメントと、それへのレスポンスである。」の行で
hanamomoさんへの敬称を落としており、たいへん失礼しました
今気づき、慌てて訂正しました。お詫び申し上げます


スポンサーサイト
  1. 2015/07/25(土) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

方言は財産

ついに秋田市も非難準備という指令がでました。
小さな川の水位はちょっと心配です。

敬称なんて気にしていません。
ご丁寧に恐縮です。
ご紹介ありがとうございました。
秋田でも山形よりになりますと、象潟辺りでは山形の言葉のような響きがあります。

お菓子買いに行ってくる・・・を遊佐の彼女は『買いさいく』といいます。
それもまた興味深いと思っています。
  1. 2015/07/25(土) 15:00:27 |
  2. URL |
  3. hanamomo #OnWBW9mw
  4. [ 編集]

北前船

同じ山形県でも、米沢市(置賜地方)、山形市(村山地方)、鶴岡市や酒田市(庄内地方)ではかなり違います
庄内地方の言葉は、北前船による交流などもあり、京・大阪言葉がかなり色濃く影響してますね

避難準備とは、心配ですね
無事を祈ります
  1. 2015/07/25(土) 17:16:28 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4126-7b09cbd8