未分類日記以前の天童の家RSS|

玉ねぎ保存

小豆を蒔く

心配された台風11号は、低気圧に変わってホッとしてる。モモやブドウ農家は胸を撫で下ろしたろう。
豪雨で多大な被害を蒙った方々には申し訳ないが、久しぶりの雨で、天童あたりは慈雨となった。
先日から雨を見込んで、小豆の播種の準備をやり、今朝早起きして蒔くことができた。

農業は、天気頼みの要素が大である。播種には、時期がある。雨が降らなければ発芽しない。
昨秋に玉ねぎを植えた。先日それを収穫し、その後に小豆を蒔いた。晩秋には収穫できる。

収穫した玉ねぎは、下屋に吊り下げて保存してる。
玉ねぎは、定植してしまえば、あとは手があまりかからない。除草するくらいでいい。
玉ねぎは、血液サラサラ効果があるというので、妻も私も毎日食べている。(笑)

今朝蒔いた小豆、ちゃんと発芽してくれるか、それが心配だ。心配といっても大きなことではない。
これまで、雑に保存されてた小豆が、土中に埋められ、どうして発芽を決意(笑)するのか?
へへ、素人百姓は、そんな小学生次元の疑問をもつのであるから可笑しい。

蒔いた、土中に埋められた小豆が、全部発芽して欲しいものだと願う気持ちである。
75にして思う願い、そういう心配。っふふ 我ながらおかしいと思う。

「パパ、昨日(支柱に)結わえたナスの紐、(台風がこないから)取り外しに行こう」妻が誘う。
ふ~む、まだタイピング途中であるのに......
うう、しかたない、妻の意向には無条件で従うしかないのだから(笑)

という次第で、今日も中途半端で申し訳ないなぁ

50714-01.jpg

50714-02.jpg

50714-03.jpg

50714-04.jpg



スポンサーサイト
  1. 2015/07/18(土) 16:47:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4117-67628afd