未分類日記以前の天童の家RSS|

ノウゼンカズラ 

ノウゼンカズラ 2015

長い間ブログを続けていると、やはりマンネリは避けがたい。
毎年、似たような画像を並べてしまう。それでも止められずに続けている。
ただ、同じような画像でも、やはりなにかが違う気がする。そう思わずにはいられない。(苦笑)

画像はそうであっても、それに添付する文まで目新しくすることが叶わない。無能だからである。
だから、恥も外聞もなく、毎年同じのをアップすることになる。
それも、自分が書いたものではなくて、他人さまのを書き写してる。なんとも恥ずかしい。

今日のノウゼンカズラも、お馴染み「花おりおり」湯浅浩史著 朝日新聞社 の転載である。

  高くよじ登って花をまとう。
  「カズラ」はつるの意で、
  「ノウゼン」は漢名凌霄(りょうしょう)が語源という。

  凌霄から、平安時代の「本草和名」の乃宇世宇を経て、
  ノウゼンに転訛したとみられる。

  貝原益軒が「花上の露目に入れば目暗くなる」と記述し、
  現代でもなお避けられたりするが、誤解で、毒はない。

50707-10.jpg

50707-20.jpg

50707-30.jpg

50707-40.jpg

50707-50.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/07/08(水) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4100-76a11b44