未分類日記以前の天童の家RSS|

雑草を食す

14日、かぼちゃ畑を見まわる。日毎に伸びるかぼちゃの蔓(茎)が、それぞれの方向を間違わないよう、棒で誘導する。
かぼちゃは、蔓ひげを草などに絡ませながら伸びていくから、雑草をすべてきれいに取り除くこともない。
今生えてる草は、スベリヒュ、ヒエ、アカザ等である。いちばん旺盛なのはスベリヒュだ。

かぼちゃの邪魔になるのはヒエとアカザ。大きくなれば引きぬことが困難になるので、小さいうちに退治する。
スベリヒュは、畑一面に蔓延る。引き抜いて畑の隅に捨てても、一雨降れば元気回復。そこに根づいて再び茎を伸ばすほどのしたたかな生命力がある。
つやつやとした葉は、粘液をもつが、くせがなくほのかな酸味があって美味しい。
からしじょうゆあえが初夏の味。

雑草と忌み嫌っていてもはじまらない。雑草を食べるのも一つの楽しみ。そう開き直ってスベリヒュをいただくことにした。
潅水することもなく、もちろん施肥の必要もなくスベリヒュが食べられる。それも野趣があって美味なのだからなにもいうことない。
花が咲くまでにもう一度くらい食べられるだろう。

たくさん摘んで、熱湯に重曹を少々入れて茹で、水にさらし、天日で干せば乾燥保存がきく。
干したスベリヒュは、しばらく水につけてもどし、よく茹でて水にさらしす。
水気を絞り、だし汁、酒、砂糖、しょうゆで煮込み、とき卵をかけて弱火で煮る。卵が半熟よりややかための時に火を止める。美味しい卵とじができあがる。

50614-10.jpg

50614-20.jpg

50614-30.jpg

50614-40.jpg

50614-50.jpg



スポンサーサイト
  1. 2015/06/15(月) 00:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

雑草なんて、失礼な…

スベリヒユですか!
この世には、私の知らない美味しいものがあり、
それは、足元に生えている雑草かもしれない。
おお、それは、なんと素晴らしいことでしょう!


  1. 2015/06/15(月) 13:39:25 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

贅沢の極みですよね!

誰も知らない、とれとれのお菜を食べられるなんて、
贅沢の極みですよね。

「粘液をもつが、くせがなくほのかな酸味があって」
何て美味しそうなんでしょう。

まさに初夏って感じですね。羨ましい限りです!

  1. 2015/06/15(月) 17:06:18 |
  2. URL |
  3. 25okurokku #AVgFLk6E
  4. [ 編集]

スベリヒュ

驢 人 さん

スベリヒュは、このへんでは「ひょう」と呼んでます
乾燥したそれは、「ひょう干し」といって店頭に並びます

それも美味しいのですが、冬の食べ物
今は、生のをお浸しが美味いです
はい、初夏の香りと味と舌触り!
山菜ともまたちょっとちがう雑草の旨さです(笑)

  1. 2015/06/15(月) 17:25:41 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

ぬるみと酸味

25okurokkuさん

スベリヒュ
お浸しにすると、ぬるみと淡い酸味とかすかな甘味がでてきます

ネギの植栽などでは、厄介な雑草ですが、かぼちゃのような場合は、気にならない雑草
むしろ美味しい雑草
農家の人は、そのことを識ってい、暇な時は摘んで食します

百姓の役得、もうけ、ふろく(笑)
  1. 2015/06/15(月) 17:33:37 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

スベリヒユって、我が家の辺りでも見かけるのと同じかしら。
食べられるんですね。
そして、手間をかけて保存しまた工夫して食べる…
地道な「ひとの暮らし」をみて身が引き締まる思いがします。
それにしても ↓ サクランボ きれいですね~(^^。
  1. 2015/06/15(月) 21:28:39 |
  2. URL |
  3. pallet #3Nwp5rdE
  4. [ 編集]

利尿薬

pallet さん

はい、美味しいんですよぉ
でも、食べ過ぎると下痢に(苦笑)

昔は、煎じたものを利尿薬として用いたそうです

なのごともほどほどに(笑)
  1. 2015/06/16(火) 09:33:34 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4069-85e13992