未分類日記以前の天童の家RSS|

家屋の保守管理

なににも保守管理が必要である。
「天童の家」で、屋根塗装をやった。もちろん、プロに頼んでのことである。
水洗いに1日。(21日に行った)

塗装を22日、二人で、朝から夕方までかかる。
細かい所が残る。それはまた後日に実施する。
積雪で歪んだり、壊れて雨樋も修復する予定。

職人さんの仕事を見ていると、(流石だなぁ)と思う。
天気を睨みながら、てきぱきとやる。休憩もしない。一気勝負だ。

これで、数年はまた大丈夫だ。
屋根に積もった雪も、滑らかに落下してくれるはずだ。

23日に隅々まで塗り終える。
さいわい天気は、文句なしだ。

続いて、23日から3日間かかって障子も張り替えてもらう。
これまでは自分でやっていたが、もうプロに任せた。

塗装も張替えも、数年間はもつ。
雨樋は、どうしても毎年メンテナスしなければならないが、雪国に暮らしているのだからしかたない。
保守というか、維持管理は、どこにいても欠かせないことである。


5月4日。軒天の綻びを繕う。
雪国では、こうした保守管理がある。

屋根の塗り替えは、数年に1度でよい。
だが、軒の修繕や雨樋のメンテナスは、積雪(降雪量・吹雪の有無等)のありようにとって春を迎える度に(今年はどうかなぁ)と必要の有無が気になる。
早めにメンテナンスすべきか? それとも、もうしばらくようすをみるか...... 懐具合も勘案しながら判断する。(笑)

軒天修繕は、足場を拵えなければならないから、大工さんには、面倒な仕事である。大工さんの意見を聞きながら、今年はやってもらうことにした。
雪国で暮らすには、こうした保守管理をきちんとやることが必要なのである。

50422-x.jpg

50422-y.jpg

50504-10.jpg

   雪融け水による軒天の損傷(剥離)

50504-20.jpg

        50504-30.jpg

       50504-40.jpg



スポンサーサイト
  1. 2015/05/05(火) 05:05:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

たいせつなこと

おはようございます。
このような家の管理は一番大変だけど、大切なことですね。
我が家もそろそろやらなければと思っています。
足場代が高くて躊躇していたのです。

厳しい風雪に耐えてまた数年は穏やかに暮らせますね。
下の花が咲いている畑と雪山美しい、本当に美しい。
  1. 2015/05/05(火) 06:55:08 |
  2. URL |
  3. hanamomo #OnWBW9mw
  4. [ 編集]

厳冬を越し

hanamomoさん
雪国に暮らしていると、ね 
やはり春先に雪害が気になります

風雪に耐え、暮らしを守ってくれた家屋に感謝しつつ
メンテナンスをやってます
保守管理は、欠かせないですね

コメントありがとうございます
  1. 2015/05/05(火) 07:29:46 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/4012-fbeae9ea