FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

雑煮を食べ


「茶碗(飯碗)洗うのに、肩を使うなんて考えてもみなかった。今月いっぱいくらい洗いものしてはダメとリハビリの先生に言われた。パパ、ごめんな」台所の洗い場で私の傍に立って、妻がそんなことを言う。
「肩は、腕とつながってるからなぁ。ムリしてぶり返したら元も子もない。ママはなんでもパパに任せておけばいいんだよ」
「だって......、長いことパパに苦労かけて、(済まないなぁ)って思う」
「ママの苦しさの方が、ずーっとたいへんだった。それも間もなく終わる。ママ、夕べの雑煮餅、美味かったぞぅ。やはりママがいるとちがう。言ってさえもらえば、なんでも拵えられるんだから」
「ほんとに?......」
「ほんとさ、これでようやく新年になった気分」

お互いに、本音で語り合えることが嬉しくてしようがない。その点、息子や母には、なにかしかの気遣いというか、遠慮みたいなのがある。
肉親なのだから、水臭いといわれるかもしれないが、妻に対するようなこころねとはやはり少しちがう。他所さまではどうなのだろうか......?
「天童の家」の場合、母は、妻の実母ではない。実母が亡くなったあとに姉の身代わりみたいな形で嫁いできたという事情もある。

まぁ、それは措いて、妻が傍にいて、いつでも思うままに話ができることが嬉しい。考えれば、こんな当たり前のことが嬉しいなんて、おかしいことかもしれない。でも、実際にそういう感情がわきおこる。
雑煮餅だって、拵えようと思えばやれないことではなかったことかもしれない。しかし、そういう気持ちになれなかった。
余裕がなかった。

雑煮餅を食べながら、このように美味しく食べられることの幸せをしみじみと覚えたのである。
なんでもないありふれた普通の暮らしが、とてもたいせつ、だいじなことであることを改めて思った。
「ママ、今年もよろしくね」
「パパったら、もう、こちらこそどうぞよろしくお願いしま~す」
へへ、お互いの顔を見つめ、3週間遅れ、「天童の家」新年の挨拶を交わしたのだった。


スポンサーサイト



  1. 2015/01/24(土) 10:37:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

こんにちは こんのさん!

やっと「天童の家」も新年を迎えられましたね。
お二人並んで食べるお雑煮は、幸せの味だった
のでは・・・?
昨日今日、こんのさんのブログから、嬉しさが
伝わって来て、こちらまで嬉しくなりますよ♪
お疲れが出ませんように(^^)v

  1. 2015/01/24(土) 14:46:09 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/01/24(土) 19:09:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

幸せいっぱい!

雑煮を食べ、あらためて新年の挨拶も!
幸せいっぱいですね。
家族が揃うってあたり前のことながら大事にしたいですねえ~!
  1. 2015/01/24(土) 19:41:45 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

幸せの味

benibanaさん

そ、そうです
まさに幸せの味!(笑)

独りの時は、深い疲れを覚えました...... が、
妻と一緒なので、疲れも感じませんです

ありがとうございます
  1. 2015/01/25(日) 05:53:15 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

家族が揃う

阿蘇望亭さん

家族みんなが、元気で揃うって、ホントだいじなこと!
そう思いますです

ありがとうございます
  1. 2015/01/25(日) 05:56:21 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

ホッとしてる

鍵コメさま

コメント拝読しホッとしてます
  1. 2015/01/25(日) 05:59:34 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/3852-e4ae246e