未分類日記以前の天童の家RSS|

帰 還

とうとう妻が戻って来た。やはり妻がいるとこころが落ち着く。今夜からはもうデパスもいらないだろう。
こんなに長い間デパスやリーゼを服用したのははじめてである。ふ~むむ、弱い男だったのだなぁと思う。
さいわい依存性の少ない薬剤だから、心配ないが...... 台所での冷酒も、もう飲まなくてすむのかなぁ
依存性でいえば、デパスなどよりむしろアルコールの方がこわい。その心配もなくなり、やれやれである。

妻が、家にいるか、いないかで、こんなにも違う。ふむ、そうか、私は 妻依存症なのかもしれないなぁ
妻には迷惑かもしれないが、その他の人には無害だから、その依存症はそんなに心配することがないはずだ。
妻がいつでも傍にいることは、私のこころをホッとさせる。長い53日間が終わったのだ、と嬉しくなる。

今朝、ある方(pさん)より、次のような文が届いた。

ワクワク、ドキドキ
                15/01/22 0000

退院おめでとうございます!
長い間、奥様もこんのさんも、本当によく頑張られましたね。

前祝いしながら、ワクワクドキドキされていることと、
存じます。

お漬物の件、奥様の退院の直後は色々お忙しい事と思います。
お手が空いた時に、少し送っていただけたら、嬉しいです。
前回の菊芋も、本当に美味しかったです。

急ぎませんから、ゆっくり、奥様が自宅での生活に慣れられてから、
にして下さいね。

主婦が長い間、家を空けていると、帰ってすぐに、
あれもこれも、と働きたくなるものです。
そうすると、ガクッと疲れてしまう、ということになります。

くれぐれも、ご無理のないように、
ゆっくりゆっくり日常に戻って頂けます様に、
後しばらく、こんのさん!頑張ってください。
と言うよりも、お二人でのんびりと、して下さい。
あちこちに気を使うのは、もっと先でよい、と思います。
もちろん、
私のお漬物などは、一番後回しにして下さいね。


ありがたいと心底思う。特に下のそれは、そのまま妻の行動に現れている。

>主婦が長い間、家を空けていると、帰ってすぐに、
>あれもこれも、と働きたくなるものです。
>そうすると、ガクッと疲れてしまう、ということになります。

妻は、書斎に来て、お見舞いを頂いた方々の記帳をはじめる。
もう少しゆっくり休んでからやるように言おうとしたが、やめた。やりたいようにするのがいちばんだと考えたからである。
記帳に一区切りをつけ、昼食にする。
「病院のおかずより美味しい。品数も多い」などと言いながら食がすすむ。
「食後のお茶も何日ぶりだろう...... うまいなぁ」
病院では、茶がでない。お汁もつかない時がある。家庭と病院給食ではかなりの相違があるのはしかたない。

そんなに見栄えしない「天童の家」の昼食を済まし、喫茶を終えると
「もう疲れた。少し休む」そう言い残すと、あらかじめ敷いてある寝室の布団へ。
(あぁ、pさんの言う通りだなぁ)と納得。

働きたい、あれもこれもしたい、という気持ちで動くのだが、身体がまだついていかないのだ。
>くれぐれも、ご無理のないように、
>ゆっくりゆっくり日常に戻って頂けます様に、
(やはり、pさんの言う通りにしないといけないなぁ)と強く思った次第である。


スポンサーサイト
  1. 2015/01/22(木) 13:12:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

退院おめでとうございます!

こんのさんの、嬉しそうな様子が素敵です!
奥様のご帰還が嬉し過ぎて、張り切り過ぎないようにして下さい(笑)

ますます、ご夫婦仲良く、ご無理のないようにお過ごしください。
  1. 2015/01/22(木) 17:04:26 |
  2. URL |
  3. 驢人 #-
  4. [ 編集]

過ぎないように

驢 人 さん

仰るとおりですね
っふふ、つい張り切り過ぎて...... (笑)

守ります
ありがとうございます
  1. 2015/01/23(金) 05:37:10 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/3849-76ad2b4d