FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

大根尽くし


このブログについて、少し説明を要する。
先般、「股大根」をアップした。それへ次のようなコメントがあった。

股大根(まったダイコン)
今野 様

 「〇〇を連想させる股になった大根」を、天童では「まった大根」と言うのですか。
 院内峠の向こうの私の郷里では、「まっか大根」と言ったおりました。

 最上川舟歌の歌詞に「(エーエヤーエーエヤーエーエ/エーエヤーエード//ヨーエサノマッガーショ/エンヤコラマーガセ)股大根(まっかんだえご)のしょっつるに/塩しょぱくてくらわんにゃえちゃ」とありますが、「羽前と羽後との違いはあるが、同じ出羽の国だから、似たような言葉遣いをするものだ」と思っておりました。
 でも、同じ羽前国の中でも、天童と左沢とでは、少し言い方が違うのでしょうか?

 ところで、旧暦時代の歳末の年中行事の一つとして、「お大黒さま(おでぁごぐさま)」というのが在って、「恵比寿・大黒」の大黒様の木彫が鎮座している土蔵の前に、いろいろと供え物をするのであるが、その時、「お大黒様の嬶様」として、件の「まっか大根」を供えるのですが、今野様のお撮りになった写真を観れば、「まっか大根が何故にお大黒様の嬶様にされてしまったのか?」と、その理由ががよく解ります。

 藩政時代の農民たちも退屈しのぎに隠微な連想に耽ることが有って、それが「お大黒さま(おでぁごぐさま)」という年中行事に紛れ込んだのでありましょうか?
 尚、「お大黒さま(おでぁごぐさま)」の日の夕飯のおかずは、「公孫樹葉切りにした大根と叩き黒豆の味噌汁」「大根おろしと叩き黒豆の酢の物」「骰子状に切った大根と黒豆の煮物」と、「大根尽くし、黒豆尽くし」で、私たち子供は、その夜のおかずには閉口しておりました。

 天童には、そのような行事が在ったのでしょうか?
                  2013/11/26(火)  鳥羽省三
それへのレスポンス

  おでぁごぐさま
 鳥羽さん 「おでぁごぐさま」 ですね。思い出しました。(まった大根)を供えました
 懐かしいなぁ

 東村山郡干布村字荻野戸(「天童の家」の在所)には「だいごだいご」という伝統行事が今でも毎年やっております
 「おでぁごぐさま」のそれとは違いますが、大根を使います
 「天童の家」でも昔エントリーしましたが、探してみます
 コメント ありがとうございます

レスポンスで触れた「伝統行事」について、「天童の家」では、2008年12月23日にエントリーしていた。
その抄が以下の通りである。

「ダイゴダイゴ」

ダイゴダイゴ(醍醐)は、元来11月15日に氏神(八幡神社)に大豆やりんご、米・塩・スルメイカ等を供え収穫への感謝、来る年の五穀豊穣を祈願する祭事である。
同時に豆腐と大根を煮たものをいただき、その醍醐味を神に大声で告げる祭事であると認識している。
「ダイゴダイゴ」の由来を、山寺立石寺の災難(領地侵害)や、それに伴う僧侶の救援に活躍した6在家(荻野戸6人衆)と絡ませるのは、ルーツを重くみる大きな意味づけとなる。

祭事の由来説明で、「ダイゴダイゴ」と叫ぶのは、大根(料理)が訛ったものと解釈するのはおかしい。
ダイゴは、美味しい・醍醐味のそれであって、大きな声で「美味い! 美味い!」と叫んで、神に感謝したと解すべきだろう。
隣集落(石倉)まで、その声が届けば、翌年の豊作が約束されるというのは、人々の勢いを言っている。元気で働ければ、きっと豊作になると自らを励ました。
風呂吹大根を11月15日に食べる習慣(行事)は、探せばそちこちに見られる。

本来11月15日にやっていたそれを、当町内自治会では数年前から毎年12月第三日曜に行うことになった。
伝統行事「ダイゴダイゴ」に、今年はNHKと朝日新聞の取材があった。NHKのそれは当日(21日)午後6時45分から放映された。朝日山形版には翌日(22日)に載った。
この時期の風物詩として恰好な催しなのだろう。本年の収穫に感謝し、来る年の五穀豊穣を祈願するにはちょうどいい時期・行事内容といえる。
神事は、小一時間で終わる。その後、神社境内にある公民館に場を移しさまざまなアトラクションを楽しむことになる。
今年はマジックショーとなった。子どもも大人もマジシャンと一体になって数々のマジックを楽しんだ。

以上が「天童の家」の骨子だが、今思えば、かなり見当外れの部分もあり冷や汗が流れる。
「ダイゴダイゴ」についての詳しい内容が、下の「六人衆伝承を探る」に述べられているので、そちらを見ていただきたい。

  第二回山寺学講座 五 山寺開山伝承 「六人衆伝承を探る」
http://www.yamaderabunka.com/history/kouza/2012_5syou.pdf

↓ にも......


スポンサーサイト
  1. 2013/11/26(火) 08:00:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/3222-d47b7ff5