FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

股大根

股大根(まったダイコン)

今日は久しぶりに好天になった。(予報通りだなぁ)と嬉しくなる。
毎年のことであるが、この時期は大きく育ったダイコン、カブを越冬用食材として埋ける作業をする。
一定の間隔で、畑にあるダイコン、カブを引き抜き、それを道路から離れてない畑に纏めて埋ける。
冬期間、雪の降り積もった中でも、新鮮なままで掘り出し、食材として使える。

今日は、まずはじめに山に行き、杉葉を取る。埋けたダイコンなどが鼠に喰い荒らされないようにするためだ。
次いで、道路から離れていない場所に1メートル四方、深さ30センチほどの穴を掘り、杉葉を敷き詰める。
抜き取ったダイコンの葉を短く切り、ダイコンを穴に並べ重ねる。40本~50本並べたら、また杉葉を被せる。
杉葉が隠れて見えなくなるまで覆土し、ダイコン埋け作業が完了となる。

カブは、葉を切らずに掘った穴に敷いた杉葉の上に密に並べる。杉葉でカブを包むようにし、葉を出した状態で覆土して完了。
もちろん抜いたダイコン、カブを全部埋けるわけではない。当面の食材として使う分は洗って、紙袋に入れ小屋で保存す。
また収穫したものは多すぎるので、方々へ分けてあげる。

と、ここまでが前書き

ダイコンを抜きながら、っふふ、時々独笑する私奴。何故か? ダイコンの姿が笑いを誘うからである。
「大根足」という言葉があるけれど、それとはまたちょっと違う言葉に、「まったダイコン」というのがある。

「まったダイコン」とは、股大根と書くのだろうが、大根足のさらに上部の形状を言う。言葉ではよく説明できないので画像(下)で見てもらえば納得できるはずである。
それが、笑いを誘うのである。下司の勘ぐりと笑われるかもしれないが、なかなかどうして乙な形状なのである。
もっといろいろな姿(形状)があるのだが、差し障りがあってはいけないのでそれは割愛した。

31123-10.jpg

31123-20.jpg

31123-30.jpg

31123-40.jpg



スポンサーサイト
  1. 2013/11/23(土) 19:28:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

基本的には・・・

 今野さん、いい味出してますね。
基本的にはこういうの好きです。
上品に言えば、マリリン・モンロ-の
イメ-ジですね。
 私の住んでいる市原は大根の名産地
です。
  1. 2013/11/24(日) 12:52:32 |
  2. URL |
  3. 井原茂明 #G3dUZ/cc
  4. [ 編集]

市原市

井原さん 嬉しいコメントです
千葉県市原市ですね。製品出荷ナンバーワン
大根の名産地なのですね

ままごと農業をやっており、自家製の粉でソバなども打ち、楽しんでます
今後ともよろしくお願いします
  1. 2013/11/25(月) 06:24:52 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

股大根(まったダイコン)

今野 様

 「〇〇を連想させる股になった大根」を、天童では「まった大根」と言うのですか。
 院内峠の向こうの私の郷里では、「まっか大根」と言ったおりました。
 最上川舟歌の歌詞に「(エーエヤーエーエヤーエーエ/エーエヤーエード//ヨーエサノマッガーショ/エンヤコラマーガセ)股大根(まっかんだえご)のしょっつるに/塩しょぱくてくらわんにゃえちゃ」とありますが、「羽前と羽後との違いはあるが、同じ出羽の国だから、似たような言葉遣いをするものだ」と思っておりました。
 でも、同じ羽前国の中でも、天童と左沢とでは、少し言い方が違うのでしょうか?
 ところで、旧暦時代の歳末の年中行事の一つとして、「お大黒さま(おでぁごぐさま)」というのが在って、「恵比寿・大黒」の大黒様の木彫が鎮座している土蔵の前に、いろいろと供え物をするのであるが、その時、「お大黒様の嬶様」として、件の「まっか大根」を供えるのですが、今野様のお撮りになった写真を観れば、「まっか大根が何故にお大黒様の嬶様にされてしまったのか?」と、その理由ががよく解ります。
 藩政時代の農民たちも退屈しのぎに隠微な連想に耽ることが有って、それが「お大黒さま(おでぁごぐさま)」という年中行事に紛れ込んだのでありましょうか?
 尚、「お大黒さま(おでぁごぐさま)」の日の夕飯のおかずは、「公孫樹葉切りにした大根と叩き黒豆の味噌汁」「大根おろしと叩き黒豆の酢の物」「骰子状に切った大根と黒豆の煮物」と、「大根尽くし、黒豆尽くし」で、私たち子供は、その夜のおかずには閉口しておりました。
 天童には、そのような行事が在ったのでしょうか?
  1. 2013/11/26(火) 05:01:50 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

おでぁごぐさま

鳥羽さん 「おでぁごぐさま」 ですね。思い出しました。(まった大根)を供えました
懐かしいなぁ

東村山郡干布村字荻野戸(「天童の家」の在所)には「だいごだいご」という伝統行事が今でも毎年やっております
「おでぁごぐさま」のそれとは違いますが、大根を使います
「天童の家」でも昔エントリーしましたが、探してみます

コメント ありがとうございます
  1. 2013/11/26(火) 06:36:00 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/3217-306b7705