FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

鉄路を守る

散歩道脇には、立谷川が流れてる。向こう岸、山際を仙山線の電車が走る。
電車は、4輌と6輌編成で、1時間に上下がそれぞれ1本くらい。どのくらいの乗車率だか分からない。
仙台と山形を結んで走る。電車の走る音が好きで、音を聞きながら走り来、通りすぎるのを眺めている。

その電車に乗ることは、滅多にない。それでもなぜか電車が好きで、この散歩道を歩くのは川が流れていることと、電車が見られるからである。
3.11の後、仙山線もかなり長い間電車が止まり、線路が錆びた。錆びた鉄路を眺め切なかった。
豪雨災害で不通になったこともある。電車の走る音が聞こえず、幾度も向こう岸の線路に目をやったことか...

JR北海道の、さまざまな問題が発覚した時、(どうして!? なぜ??)と腹が立った。
しかし、腹を立てたからといって、なにも変わらない。とにかく、できるだけ早く立てなおして欲しいと思う。
散歩中、線路を守る人たちの姿を時折目にする。その姿を見る度に、(あぁ、こういう仕事をしている人々がいるから、安全に、快適に走れるのだなぁ)と思う。

JR北海道の問題、いろいろと厄介な事情もあるようだ。下の記事を読むと、そのわけが分かる。

列車火災、脱線事故などを発端としたJR北海道の整備ミス問題は収束どころか拡大する一方だ。
いま、JR北海道の鉄道を守るために誰が立ち上がるべきか。現場の職員だ。風当たりは強かろう。

これだけ報じられたら、職員だけではなく、家族の皆さんまで風当たりは強かろう。
国鉄時代から今日まで、JRの組合組織については複雑な事情もあるだろう。
しかし、職場の安全、自らの安全を守ることは正義である。乗客の安全を守ることもしかり。

危険な連結器を、たった1日で安全な連結器に交換できたように、安全への強い願いは、世界が驚くような力を発揮する。
私は現場の皆さんの底力を信じる。どうか、今回の事件を再生のチャンスとして、労使とも一丸となって改革を進めてほしい。

上のそれは、次のサイトからの転載(部分)である。
     bizmakoto.jp/makoto/articles/1309/27/news021.html
---------------------------------------------------------------------------
仙山線は、東北の背骨である奥羽山脈を越えてつづく鉄路だ。カモシカや熊を轢いてしまったり、なにかと障害の発生しやすい。
そうした鉄路を日夜守っている保線区の人たちには、自然と頭が下がる思いだ。

31118-30.jpg

31118-40.jpg

31118-50.jpg

以下3枚は、過去画像(再掲)

30418-30.jpg

30418-50.jpg

30430-06.jpg

今朝の気温5度、曇


スポンサーサイト
  1. 2013/11/22(金) 06:28:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

線路は続くよどこまでも

こんのさんへ
いつの間にか、モータリゼーションの日本に
なった気もしますが、
まだまだ鉄道、電車は大切な移動手段ですよね。
ここ最近は、ただ移動するだけじゃなくて
線路の上を走りながら
そこから広がる風景や人との出会いを味わったり。
それからこんのさんがおっしゃる様に
電車が走ってる風景って言うのも良いものですよね。

線路は続くよどこまでも♪の唄が浮かびました。
安全に毎日の様に体をはって従事されてる
方々あってこその日本の風景なのでしょうね。

ゆったりローカル線の旅がしたい今日この頃です(笑)
  1. 2013/11/22(金) 11:37:04 |
  2. URL |
  3. ぶんとも #yl2HcnkM
  4. [ 編集]

ローカル線

ぶんともさん コメントありがとうございます

ローカル電車 良いですよねぇ のんびりと......
ゴトゴト走る音が、「天童の家」へまで聞こえる日と、なぜか聞こえない日があります
遠くで聞く音も(いいなぁ)です

ぶんたくん出会って6年ですね
今日は11.22で、良い夫婦ですかぁ
嬉しい事です
  1. 2013/11/22(金) 12:37:28 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

JR北海道の一連の不祥事について

 私はコンビナ-ト関連の会社で安全管理の職にありましたので、JR北海道の今回の不祥事の根本原因について大体のところは推定出来ます。
 青字のコメントの通り、企業風土(旧国鉄体質)が大きな要因にあると考えています。問題点を上に上げても資金が無い等の理由で取り上げてくれない、どうせ言っても仕方ないという雰囲気が現場に蔓延しているのではないでしょうか。
 私たちは、安全の代価として切符を買っています。
 各現場(札幌、釧路、函館・・・・)において現場の問題点につき全員が参加
して討議し、解決を図っていくべきです。個人の技術の問題、資金の問題、設備の老朽化の問題、マニュアルの問題、上下関係の問題、人員数の問題、給与の問題・・・・いろいろあるでしょう。
 まず同じテ-ブルで問題点を整理する必要があります。厳しい環境の北海道ではありますが、現場は誇りを持って働いていただきたいと思います。
現場が正常でなければ安全は保てません。 
  1. 2013/11/22(金) 20:26:18 |
  2. URL |
  3. 井原 #SVX5We5A
  4. [ 編集]

誇りを持って

井原さん 貴重なご意見、ありがとうございます
電車が好きで、電車が通る度に眺めています
やはり「安全」がダイジですよね
誇れる仕事、職場をつくって欲しいです
命と深く結びついてることですからね
  1. 2013/11/23(土) 06:44:38 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/3214-22b9d16b