FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

雲湧き上る

80722-d.jpg

雲湧き上る

       木漏れ日にまだらになってあの人が我に手を振る夏のキャンパス    京都市・敷田八千代
写真を撮ってもらうと、木の下に立つ人がいて、顔にぶちができて困惑することがある。まだらになってはマズイので「もうちょっと前」とか「もう少し右へ」などと注文するはめになる。
カメラマンの方で移動すればいいというわけにもいかず、なんだか面倒な気分になる。
敷田さんの歌は、そんな面倒な話はなくて... ね、木漏れ日が手を振る度にチラチラ動いて眩しい!  うう、こころが眩しいのかなぁ いや、情景が眩しい。

       半分は同じ名字の我が村に蕎麦の花咲く段々畑           武蔵野市・佐野三郎
平家の落ち武者の末裔たちが住む由緒ある村なのだろうか? 「天童の家」の場合は、奥山・富樫・今野・高柳・石堂・元木の名字が多く、六在家などと言われてる。
まぁ、それは別として、ね 稲作ができなくて... その代わり、美味しい蕎麦がある。夏蕎麦の花盛りなんだなぁ
「天童の家」では、秋蕎麦を今月末に播種の予定である。

       目の前が急にひらけたまた産めるまだ8ミリの命見つめて       高槻市・有田里絵
「二人目を授かりました」との前書きがあるという。有田さんが二人目のママになる喜びですねぇ

       あしたより晴れ渡りたる夏空に大佐渡山より雲湧き上る        長岡市・唐沢美世子
先年、佐渡に旅したとき、同じような情景を観ている。懐かしく思い出すなぁ

       籐椅子にこつんと叩く茹玉子    長浜市・川村麗子
       烏賊釣船七夕竹をなびかせて   武蔵野市・水野李村
       青田波ボタンをふたつ外しけり   天童市・高橋ゆり子
       曇る日は曇る色して合歓の花    熊本市・西 美愛子

               短歌・俳句は、朝日歌壇・俳壇(21日付)より

80722-e.jpg

80722-f.jpg

80722-g.jpg

80722-h.jpg

今朝の気温25度、雲多いけれど今日も暑くなりそう
スポンサーサイト



  1. 2008/07/24(木) 05:37:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/299-d634fca3