FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

閏年に思い出す

オーストラリア旅行

閏年2月に、きまって思い出すのは、1998年のオーストラリア旅行のことである。
その年の冬季オリンピックは、長野で行われた。
その前に日本で開催された冬季オリンピックは札幌(1972年)、いろいろな思い出があるが、ここではふれない。
長野オリンピックについても、ここでは書かない。

ではなぜ、冬季オリンピックをもちだしたのかを言えば、オリンピックは閏年に行われること。
そして、長野オリンピックが開催されてる最中にオーストラリア旅行をしたことが重なるからである。
さらに、もう一つは、その時の季節感がとても印象強く記憶に残っているからでもある。

オーストラリア旅行は、定年退職の2年少し前に、「研修」として10日あまりメルボルンに滞在した。
研修だから、大半が施設見学や講義で、”おまけ”として動物園やブルーマウンテンへ連れて行ってもらい楽しんだ。
南半球は、ちょうど真夏。
長野ではスキーやスケートなどの冬季競技が行われてた。

旅行前の準備がたいへんだった。真冬の日本から、真夏のオーストラリアへだから、旅行かばんには夏物衣服を詰めたことを思い出す。日本は真冬だから半袖シャツがなかなか買えなかった。
成田空港までは真冬の服装、オーバーコートで身を包んだ。飛行機に乗る前に、慌ただしく空港で着替える。
夜、成田を出発、シドニーには朝に到着した。シドニーの夏は爽やかだった。

「緩和ケア」医療は、今では珍しいことではない。しかし、14年前は視察に値するもので学ぶことが多かった。
またITが医療のなかで重要なアイテムになって、データー共有とかカルテ・ペーパーレスなどの実際に多くを学んだものである。

メルボルンやシドニー湾などの観光が楽しかったことを今でも記憶鮮やかに思い出す。
大きなロブスターに齧りつき、港の灯りを眺めながらジョッキーを傾けた。
シドニー水族館を独りで観たことも、今では懐かしく、(まだ若かったなぁ)と思う。

閏年になると、冬季オリンピックとあの時の研修旅行が浮かんでくる。
今年もまたというか、やっぱりロンドンオリンピック、そしてメルボルンで見た花々や教会の尖塔を思い出している。
人の記憶って、面白いものだなぁと思う。


午後5時半の気温2度、晴


スポンサーサイト



  1. 2012/02/29(水) 17:36:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

コメント

こんのさん
私も真夏のオーストラリアに行きました。
日本は真冬、確かに着るものの準備が大変でした。パースから北へインド洋の青さ、空の青さ、これはまさにコダックの青だと思いました。
そして真夏のクリスマス、なんとも不思議な感じでした。
  1. 2012/02/29(水) 22:44:39 |
  2. URL |
  3. ころ #JBFGtPPo
  4. [ 編集]

海外旅行・・・羨ましいです♪
真逆の季節だと服を準備するのも大変なんですね。

私は、旅行会社の冊子でヴァーチャル旅行を楽しんでいます(T_T)
  1. 2012/02/29(水) 23:13:26 |
  2. URL |
  3. ゆき #-
  4. [ 編集]

コダックの青

「ころ」さん
ゆ き さん
      コメントありがとうございます

北半球と南半球 丸い地球の北と南では、季節が逆ですからねぇ
冬着を成田に置いて...... ややこしかったです(笑)

集合場所を間違えたりして、恥をかきました
  1. 2012/03/01(木) 06:48:21 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/2257-542b6a29