FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

「寒九の水くみ」

越後村松「坂田酒店」から「菅名岳」(生原酒)が送られてきた。
もちろん、送り主は分かっている。
酒に同封されてる坂田酒店のメッセージがいい。次の通りである。

   美酒に育て 願いを込めて 五 泉 寒九の水くみ

  五泉市の菅名岳(909㍍)中腹で新酒の仕込み用の清水をくむ「寒九の水くみ」が14日、行われた。
  ことしで21回目の恒例行事だが、昨年7月の記録的豪雨で登山道が大きな被害を受けたため、一般募集を中止し、主催者側の約70人が参加した。

  水くみは1年で最も水が澄むといわれる寒の入りから9日目に催される。
  一般参加は4回目から募ってきたが、安全面に配慮し、初めて中止。
  伝統を絶やさないよう、蔵元「近藤酒造」や同酒造の地酒を販売する「越後泉山会」、菅名岳山岳会などが「水くみ応援隊」をつくり、主催した。

  雪深いため、かんじきをはいた先発隊から1列になって登山をした。
  水害で崩落した場所を避けながら、2時間ほどで「どっぱら清水」に到着。
  10㍑入のタンクに水を次々と詰めた。同酒造の近藤伸一社長は「多くの人が参加してくれてありがたい。伝統を守ることができてホッとしている」と感謝していた。

  天然水100%使用(胴腹清水)フレッシュな生酒です。
  冷やか冷やしてお飲みください。お燗は禁物です。

うう、もともとお燗なし、冷を好んで晩酌している。
うふ 送り主は、私の好みをしっかりと知っているのだから恐縮しながらも、つい頬が緩んでくる。(笑)

こういう文は、私信でやりとりすべきことと承知しているつもりだが、「寒九の水くみ」という醸造への思いが嬉しいというか、そういう取り組みを知ってもらうのも一興かなぁと、敢えてエントリーすることにした。

「1年で最も水が澄むといわれる寒の入りから9日目」
その日、菅名岳の湧き水を使って仕込んだ「菅名岳」
酒好きにはこたえられない酔い心地となるは請け合いだ(笑)


正午の気温-1度、晴


スポンサーサイト



  1. 2012/02/28(火) 12:05:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

コメント

越後の銘酒!

今夜は美味しいお酒が飲めそうですねえ!
越後の銘酒!
ゆっくりお楽しみください!(^^)!

ところで五泉市とありますね!
もう40年も前の教え子(女)ですが、その五泉市からここ4,5年、年賀状が届くようになったんですよ!
今年も3人の息子さんに囲まれた写真付き年賀状で幸せそうでした。
新潟のどんな所かと思っていたのですが、いいところにすんでいるようで益々安心しました(^o^)/

今日はお祝いメッセージもいただきありがとうございました。
  1. 2012/02/28(火) 17:05:44 |
  2. URL |
  3. 阿蘇望亭 #z7TqjuIk
  4. [ 編集]

こんばんは。

よいものですね~、生きていることのうれしさがにじみ出ておられます。うらやまし・・・。
  1. 2012/02/28(火) 22:12:23 |
  2. URL |
  3. nakamura #-
  4. [ 編集]

銘 酒

阿蘇望亭さん
nakamuraさん
       コメントありがとうございます

新潟は、銘酒の産地ですからねぇ
雪深い所では、ね 銘酒が多く育つようです
うふ、どこに住もうと都と思いたいすが、五泉市も良いところです

はい、生きていて、好きなのを飲めるのは、ありがたいことです
  1. 2012/02/29(水) 06:49:27 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/2255-0fd73af9