FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

たわいない話


「天童の家」では、ときどき「他愛ない会話」などと書いてきた。
自分としては、「とりとめのない話」という感じで使ってきたのであるが、どうも間違いというか、正しい使い方ではなかったような気がする。
「他愛」には、「自分の利益より、まず他人の幸福を願うこと」という高尚な意味がある。「愛他精神」。
なのに、「天童の家」の会話には、そういう精神が微塵もない。「他愛」などという言葉は使えないのである。(笑)
「他愛主義」などという主義があるのを知ると、ますます「他愛」を気易く使うのはよくないと思う気がする。

広辞苑で、「たあい」を引いたら、「他愛」自己の福利を犠牲にして他人を愛すること。「利他」とある。
また、「たあい」⇒「たわい」 たあい無い⇒「たわいない」ともある。

直ぐに、「たわい」を見る。
「たわい」「他愛」と当てる。思慮分別。
「たわい無い」 「とりとめもない。思慮がない」とある。

「他愛ない」と書いても、ね 間違いではないようなのが分かり、ホッとする。
しかし、やはり誤解の恐れありだなぁと思う。
「とりとめのない」ということであれば、「たわいない」、または「たわいがない」とした方が良いように思った。

......で、さらに突っ込んでみたら、「天童の家」(の会話に)にはもともと他愛ということがないのだから、むしろ「他愛ない」と書いた方が、よりはっきりしていいのではないのか、と考えたりした。(笑)

自分では、これまで無意識的に「他愛ない話」などと書いてきた。
ゆきさんのコメントで、ね 「他愛ないと思うことって本当は、しあわせなことなんですね」を読み、っふふ、「他愛ない」という言葉を突きつけられた気がしたのである。
今後は、やはり「たわいない」と平かなで書こうかなぁと考えたりしている。
うう、72にもなって、どうしたらいいのかとぶれにぶれている。


午後1時半の気温0度、牡丹雪がふわりふわり


スポンサーサイト



  1. 2012/02/25(土) 13:24:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

失礼しました。。

普段何気なく使っている言葉ですが、意味を間違えていることが沢山ありそうです(=_=;)
我が家の広辞苑は、本棚の飾り・・・と化しています(笑)

『こんの家の微笑ましい様子が思い浮かびます♪』・・・というニュアンスでしたので悪しからずです。。

「日本語 語感の辞典」も引いてみましたが『他愛』は、ありませんでした(^_^;)
日本語は、難しいと改めて実感しました。お恥ずかしい限りです。
  1. 2012/02/25(土) 23:10:13 |
  2. URL |
  3. ゆき #-
  4. [ 編集]

『他愛』

ゆきさん いえいえ、どういたしまして、こちらこそ勉強させてもらい、ありがたく思っておりますですよぉ

『他愛』あぁ、やはりなかったですかぁ
なるべく漢字は使わずかなでと思っているのですが、つい変換をおしてしまいます

難しく考えずに、楽しくまいりましょう(笑)

  1. 2012/02/26(日) 07:15:37 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

こんばんは。

他愛ない、深~い話でありました(笑い)。
お座布団を・・・。
  1. 2012/02/26(日) 22:09:13 |
  2. URL |
  3. nakamura #-
  4. [ 編集]

たわいない話で

nakamuraさん うう、ほんとに たわいない話で申し訳ないです

お座布団までいただいては恐縮です
でも、嬉しくいただきます(笑)
  1. 2012/02/27(月) 16:25:12 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/2251-bec4ce1d