FC2ブログ
未分類日記以前の天童の家RSS|

禍福さまざま


16日のブログ(時間がかかる)の最後に、次のように書いた。
    へへ、なんとも辛気臭い愚痴になってしまった。
    もう少しましな話題が欲しい気がする。探してみよう。

感動の共有が「天童の家」の原点である。
読んでなんの共感もないブログは、「天童の家」ではなるべく少なくしたいと考えているのだが...... なかなか思うようにいかない。
まして辛気臭い愚痴などなら、なおさら避けたいと努力しているつもりである。

口直しに何か面白い話はないかと探す。探してみるのだが、見つからない。
人生、または世の中、そうそう爽やかで愉快な話は転がっていないものだなぁと思う。
むしろ、逆の話なら、ふ~む、いろいろと聞こえてくるから皮肉なものである。

「パパ、たいへんだけど、当分の間、毎日送り迎えしてもらいたいって」妻が、娘からの電話の直後に言う。
娘の夫が、凍った道で滑って転倒、腕の骨を痛めてギブスをはめた。入院しなくてもいいのだが、治るまで6週間かかるという。
その間、車の運転ができないので、孫の学校への送り迎えを私にたのみたい。そういう事情なら受け入れる他にない。
「間もなく高校入試とか春休みになる。送り迎え、そう長くないんじゃない?」妻の言葉に、頷き返す。

雪国で育ち、暮らしていれば、滅多なことで滑り転んで骨折などは考え難いことなのだ。が、皆無でもない。
現実に娘の夫が、そうなったのだから(災難だなぁ)と思うしかない。
へへ、やはり世の中、爽やかに愉快なできごとばかりではない。滑って転倒し、頭を強打し、意識障害で入院する人もいる。慣れているからといって、油断できない。危険は至る所に潜んでる。

月曜日から金曜日までの5日間、朝は6時45分に「天童の家」を出発、娘の家に向かう。そして夕方、4時40分になると、孫の学校へ向かって車を走らせる。
「毎日が日曜日」のはずの暮らしが、ね なかなかそうはならない。
でも、まぁ 誰かにあてにされている。誰かの役に立っている、と思えば、それもまたわるいことではない。

うう、今日もまた感動のできごとに縁遠いブログになってしまった。
青空がいっぱいに広がってる。日差しも明るく、降り積もった雪もどんどん溶けるだろう。
春が、待ち望んでる春の足音が聞こえてくるような気がする。

*
今朝の気温-5度、雪 久しぶりの積雪


スポンサーサイト



  1. 2012/02/17(金) 06:43:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

おはようございます。

ははは・・・、毎日が感動の日々・・・疲れてしまいますから、お孫さんの送り迎えも感動の時間です(笑い)。
今朝、また雪が積もりまして、滑りそうになりました。こちらは素人ですから転びやすいのかも・・・。
  1. 2012/02/17(金) 09:12:04 |
  2. URL |
  3. nakamura #-
  4. [ 編集]

積雪久しぶり

nakamuraさん 3.11以来、日常の些細なことがらが、なんだか感動のそれにかわりました
        思えば、いまここに存在していること自体が感動でさえあります(笑)

「猿も木から落ちる」ということもありますからねぇ(笑)
  1. 2012/02/17(金) 09:20:25 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kose99.blog32.fc2.com/tb.php/2240-e48f4ba1